5Gスマホ、普及はスローペース?2023年に28.3%〜IDC Japan予測

最終更新日:


 
IT専門調査会社のIDC Japanは6月20日、日本における5Gの市場予測を発表しました。5G対応端末は、発売当初は高価格モデルに限られることから、緩やかな普及ペースとなる見込みです。
5G端末、2019年内に国内出荷開始も普及は限定的
5Gは、高速大容量のデータ通信に加えて、通信の遅延が小さく、多くの端末が同時接続可能という特徴を持つ次世代モバイル通信規格です。
 
IDC Japanは、日本国内における5G対応端末の出荷は2019年第4四半期(10月〜12月)に開始されるものの、当初は5G対応端末が高価格のハイエンドモデルに限られることから、普及スピードは緩やかなものになると予測しています。
 
約4年後の2023年には、5G端末の出荷台数は870万台となり、携帯電話市場全体の28.2%を占めるようになるものの、5G端末が半数を占めるにはさらに時間がかかるだろう、とIDC Japanはみています。
 
同社は、5G端末の普及が進むことで、スケールメリットによって価格は徐々に下がると予測してます。
 
 
産業分野でのIoT用途にも期待
5Gの導入によって、映像配信、人工知能(AI)を活用した工場用ロボット、建設機械の遠隔操作など産業分野でのIoT(Internet of Things)用途が加速する、とIDC Japanは見込んでいます。
 
5G通信可能なモバイル通信サービスの契約数は、2023年には3,316万回線で、モバイル通信サービス全体の13.5%になると同社は予測しています。
 
 
「4G/LTEでも十分」が普及ペース鈍らせる?
5G端末の普及がゆるやかなペースになると予測する理由についてIDC Japanのシニアマーケットアナリストである菅原啓氏は、現在のスマートフォン向け主要サービスは、4G・LTEで十分なユーザー体験が得られることを挙げています。
5G対応iPhoneは2020年に登場か
iPhoneの5G対応については、AppleとQualcommが訴訟を取り下げ和解したことで、5G対応iPhoneが2020年には販売されると予測されています。
 
Apple関連情報に詳しい著名アナリストのミンチー・クオ氏は、2020年に発売される3モデルのうち、2モデルが5G対応になるとの予測を発表しています。
 
 
Sour

サイト名: iPhone Mania
2019年6月20日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する