HOME/ AINOW編集部 /イーロンマスク「寄生虫が人間に超人的なAIの開発を強いる」と Twitterで指摘
2021.07.14

イーロンマスク「寄生虫が人間に超人的なAIの開発を強いる」と Twitterで指摘

脳に寄生する生物が人間を超えたAIを作る可能性があります。ここからイーロン・マスク氏が述べたいくつかの真実と仮説を紹介していきます。

ネズミからネコへ

電気自動車企業テスラの共同創設者のイーロン・マスクは、Twitterで「脳内の寄生虫が全人類に高度なAIの開発を強いているのではないか」という投稿をした。このツイートはとても興味深い一方で、素直に言ってとても不安な発言です。

マスク氏は、猫によく見られる寄生虫であるトキソプラズマ症が、ハイエナがライオンなどの肉食動物に対して無謀な行動をとる原因になっているらしいというナショナルジオグラフィックの記事に反応したのです。驚くべき論理の飛躍ですが、マスク氏は、人類が高度な人工知能を生み出す原因は、実はこの寄生虫にあるのではないかと提案しました。

また、「トキソプラズマ症はまずネズミに感染し、次にネコに感染し、そしてネコのビデオを撮影する人間に感染する。AIはWeb上の猫の動画で超人的な知能を獲得し、トキソプラズマ症が我々の運命の真の決定者となっている。」と発言しました。

トキソプラズマ症は人間の行動への影響する

トキソプラズマ症は単細胞の寄生虫で、主にネズミ類に感染します。科学者たちは、この寄生虫はネズミの心に影響を与え、猫や人間などの捕食者に対する恐怖心を失わせると考えています。

恐怖心を失ったネズミは猫に近づいた結果、猫に食べられてしまい、猫に寄生します。そして、猫と基本的には共生関係を築いている人間に寄生するというサイクルになります。

LiveScienceによると、トキソプラズマ症は人間にも本当に影響があるという検証はされました。トキソプラズマ症の検査で陽性反応が出た人は、より危険な行動をとる可能性があるという研究結果があるそうです。

実際、チェコで約600人、トルコで約370人を対象にした研究では、トキソプラズマ症の陽性反応が出た人は、全体的に交通事故に遭う確率が高いことがわかりました。

また、トキソプラズマ症の感染が個人や社会規模の起業活動に影響を与えているという仮説も検証されています。The Royal Societyによると、トキソプラズマ症の陽性者は他の参加者に比べて、起業している確率が1.8倍高かく、また感染率の高い国では、新規事業を阻害する要因として「失敗への恐れ」を挙げた回答者の割合が低いことも分かりました。

脳内寄生虫は有害なマインドコントロール

しかし、実はトキソプラズマ症が人間に超人的なAIを作り出すことは,まだ検証されていません。

それは、人類の全員が猫を飼っているわけではないからです。また、トキソプラズマ症は私たちに高度なコンピュータサイエンスのプロジェクトを促進させるという証拠もありません。

しかし、トキソプラズマ症が原因で、電気自動車会社に何十億もの投資をしたり、火星を植民地化しようとしたり、ミームツイートを発信して暗号通貨市場全体をコントロールしようとしたりといった、よりリスクの高い行動を取るようになるかもしれません。また、ツイッターで寄生虫についてのとんでもないジョークを発信したりすることもトキソプラズマ症の影響があるかもしれません。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと

イーロンマスク「寄生虫が人間に超人的なAIの開発を強いる」と Twitterで指摘

Twitter、「Responsible ML」の開発に着手|機械学習アルゴリズムの改善が目的

あなたにおすすめの記事

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと

イーロンマスク「寄生虫が人間に超人的なAIの開発を強いる」と Twitterで指摘

Twitter、「Responsible ML」の開発に着手|機械学習アルゴリズムの改善が目的