HOME/ /アルファ碁
2018.03.05

アルファ碁

アルファ碁とは、イギリスの人工知能企業であるGoogle DeepMindによって開発された囲碁対局用の人工知能アルゴリズムである。

アルファ碁は英語表記でAlphaGoと表記する。囲碁はボードゲームの中でももっとも複雑でコンピュータは人間に勝てないと言われていたが、2010年に人間のプロ棋士にコンピュータ史上初の勝利を収め、一躍有名となった。過去の膨大な対局データより学習を行っていて、評価関数を使用しない点や、モンテカルロ木探索(MCTS)を用いて探索を行うのがAlphaGoの特徴である。2017年5月には大帝とも呼ばれる中国の棋士である柯潔を相手に3番勝負を行い全勝利した。それを機にGoogle DeepMindはAlphaGoを人間と対局させないことを決めた。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来

「マスク着用声かけAI」が無償提供開始 ーブラウザで使え、PCとWebカメラのみで利用可能

データサイエンスを過度に民主化するな

月額500円から使える「AI人数カウントサービス」が登場 ー小売、飲食店の「密」の可視化が可能に