HOME/ /カーネル法
2018.03.05

カーネル法

カーネル法とは、パターン認識で使われる分類方法のうちの一つで高次元の特徴空間にデータを埋め込むことで線形分類器では分類できないデータなどをうまく分類できるようにしたもの。

カーネル関数という関数を用いた計算方法で、カーネル関数は特徴空間における特徴量の計算を内積を用いて行う。このように非線形のデータ構造を線形構造に変換し、特徴量の計算量を小さくする手法をカーネルトリックと呼ぶ。一般に様々なアルゴリズムとともに用いられるが、サポートベクターマシンなどがい一般的に知られる。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

【AIと宗教】AIが神になる?AIと宗教の関わり方を事例を交えて解説

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性