HOME/ /Chainer
2018.03.05

Chainer

Chainer(チェイナー)とは、ニューラルネットワークを誤差伝播で学習するオープンソフトウェアライブラリ。

Pythonで記述された日本製の深層学習フレームワークであり、誤差伝播に必要なデータ構造を実行時に自動生成する特徴がある。ディープラーニングの研究を行なっているPreffered Networksを中心とした企業が開発をし、日本を中心として利用が広がっている。Define-by-Run方式でありネットワーク構築と学習を同時に行う。また、Chainerの特徴としてはFlexibility(柔軟性)、Intuitive(直感的)、Powerful(高性能)の3つが挙げられる。CUDAをサポートしており、GPUを利用した高速な演算が可能。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ビジネス上の目的を選択し、指定されたデータを用意するだけでモデルを作成する「datagusto」β版がリリース

囲碁AIがプロ囲碁の世界に与えた影響

機械学習入門者が学ぶべきこと、学習方法を超具体的に解説します

AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催

PKSHAと東京海上HDが合弁会社を設立。データをもとにソリューションを創出。

LINEバイト、AIが全案件の電話応募に対応、将来的にはAIが面接する可能性も示唆

DX人材とは ー6つの業種、4つのスキル、3つのマインドセット

HONGO AIが11/19にオンラインイベントを開催 ー本郷を中心としたエコシステムの形成に向けて

コンペから講座、転職までカバー、SIGNATEがリニューアル – AI・データ人材の成長と活躍を推進

TikTokはなぜユーザを虜にしたのか?その理由はユーザを夢中にしたAIアルゴリズム【後編】

あなたにおすすめの記事

ビジネス上の目的を選択し、指定されたデータを用意するだけでモデルを作成する「datagusto」β版がリリース

囲碁AIがプロ囲碁の世界に与えた影響

機械学習入門者が学ぶべきこと、学習方法を超具体的に解説します

AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催

PKSHAと東京海上HDが合弁会社を設立。データをもとにソリューションを創出。

LINEバイト、AIが全案件の電話応募に対応、将来的にはAIが面接する可能性も示唆

DX人材とは ー6つの業種、4つのスキル、3つのマインドセット

HONGO AIが11/19にオンラインイベントを開催 ー本郷を中心としたエコシステムの形成に向けて

コンペから講座、転職までカバー、SIGNATEがリニューアル – AI・データ人材の成長と活躍を推進

TikTokはなぜユーザを虜にしたのか?その理由はユーザを夢中にしたAIアルゴリズム【後編】