PoC止まりはもう終わらせる|6/8にDLLABが2周年イベントを開催

MicrosoftとPreferred Networksが協同で運営するディープラーニングのコミュニティ「DEEP LEARNING LAB(DLLAB)」が2周年記念のイベントを6/8に開催します。

DLLABは日本最大のAIコミュニティとして、今までに5000人以上のメンバーを集め、市場の最新状況や事例、技術の共有を実現してきました。ビジネス機会の創出も行い、さらにはRetail AI研究会との協業で、実店舗マーケティングへの機械学習の応用を進めるなど、業界ごとの活動も強めてきました。

そんなDLLABは今、AIの導入における2つの大きな変動を感じ取っているといいます。

  • フレームワーク議論が陳腐化
    TensorFlow/KerasやPyTorchが世界だけでなく、日本国内でもデファクトスタンダートとなり、フレームワークの議論自体の価値が失われてきた。
  • AI PoCから実運用につなげる難しさ
    AIではPoC止まりのプロジェクトが中心。実運用につながったものが少なく、真にディープラーニングの社会実装が進んでいるとは言えない

そこで、DLLABは上記の流れを捉え、2周年イベントで新たな取り組みとしてWave2を発表します。

基調講演では松尾豊 東大大学院教授やマイクロソフトのRahul Dodhia氏が登壇。通常セッションでは、ディープラーニングの取り組みを進める各スペシャリストが「ディープラーニングの社会実装」を軸に講演します。

また、キカガクやAidemy, 日本ディープラーニング協会などによるワークショップも開催される予定です。

ディープラーニングに興味がある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

イベント概要
「DLLAB 2 周年イベント: ディープラーニングの社会実装を阻むものは何か?」
2019/06/08(Sat) 11:00 〜 20:00
大手町プレイスウエストタワー28F
費用 2200円

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する