HOME/ AINOW編集部 /AINOW とは
2017.06.15

AINOW とは

最終更新日:

AINOW(エーアイナウ)は、AI(人工知能)やDX(デジタルトランスフォーメーション)をテーマに発信する専門メディアです。

このページでは、AINOWが目指す世界観やタイアップ企画の掲載プランについてご紹介します。

AINOWが目指すもの

AINOWは、2021年9月に新たなMISSIONとVISIONを策定しました。今後は、新たなMISSIONとVISIONのもと、AI活用やDX推進にさらに繋がる情報を発信していきます。

MISSION

AIの情報格差を是正し、産官学を調和させ、AIが浸透した社会を創ります。

VISION

知見の共有×資源流動

AIやDXに宿るさまざまなナレッジを帰納した俯瞰的かつ多面的な情報を発信し、それらの再現的な組成に必要な資源をつなげる。

MISSION・VISION策定の背景

昨今、スマートフォンが普及し、私たちのさまざまなデータが取得できるようになりました。さらに、IoT機器が普及し、時代はまさにデータ時代に突入しています。これにあわせて2010年代後半からはAIの研究が盛んに行われています。

2010年代の第3次AIブーム以降、ディープラーニングをはじめとする機械学習技術はビジネスで広く活用が検討され始め、産業構造を変革するとまで言われるようになりました。しかし、現在、AI(人工知能)が社会の隅々まで浸透し、産業構造を一変させたかというと、まだ懐疑的です。プロジェクトが未完で終わってしまうケースもあるのです。

日本国内のAI活用は、先進国の中でも遅れていると言われています。AIの研究やPoCに着手する組織でも、AIを理解できているビジネスパーソンは、まだ多くありません。

私たちは、国内でAIの活用が進んでいない原因として以下の課題に着目しました。

  • AI/DXの取り組みの参入障壁が高い。
  • AI/DXに関連するプロジェクトのナレッジシェアが十分にされていない。

AINOWは、新たに策定したMISSIONとVISIONを掲げ、AI/DXのプロジェクトに関わる多くの方々に向けて有益な情報を発信することで、上記の課題を解決し、AI活用とDX推進を加速させていきます。

沿革

2016年7月   「バイトル」「はたらこねっと」「ナースではたらこ」などを展開するディップ株式会社が設立。

2018年      日本ディープラーニング協会(JDLA)とメディアパートナー契約を締結。

2019年3月   日本経済新聞社主宰「AI/SUM」とメディアパートナー契約を締結。

2019年10月 おざけんが2代目編集長に就任。

2021年9月   MISSIONとVISIONを策定。

AINOWの活動内容

ビジネスマンにもわかりやすいAI/DXのコラム記事

エンジニアだけではなく、ビジネスパーソンもAIやDXの理解を深められるよう、基礎的な情報からテクニカルな情報まで幅広く発信しています。

AIや機械学習、ディープラーニングのような基礎的な概念はもちろん、活用事例を交えながらわかりやすく解説しています。

▼参考記事
今さら聞けない「AI・人工知能」とは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? 定義・スキル・事例を解説

企業の取り組みについて発信するインタビュー記事

AI分野の有識者やAI関連スタートアップのCEOなどに、AIプロジェクトを進める上でのポイントや開発の裏側を取材し、発信しています。

インタビュー記事一覧

企業のテクニックから学ぶ寄稿記事

企業がこれまでに蓄積したAIやDXの取り組みに関するノウハウを寄稿いただいています。これまで株式会社ChillStack様や株式会社マクニカ様をはじめ、多くの企業のご協力のもと、記事を発信してきました。

▼参考記事
【AIセキュリティ超入門】第1話 – イントロダクション – AIをとりまく環境とセキュリティ
AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

AIやDXの“今”を届けるニュース記事

AIの新サービスの発表やイベントの告知、AI関連スタートアップの業務提携などのニュースを発信しています。

ニュース記事一覧

AINOWとのタイアップ企画の掲載プラン一覧

掲載プラン 概要 金額 記事公開 制作日数 記事内容 過去の事例
【広報担当者向け】プレスリリースの掲載に関して プレスリリースの記事化を受け付けています。 無償 ・平日任意

・基本午前7:30公開(相談可)

情報共有日から3営業日を想定。 ・プレスリリースの概要
・内容の背景
・イベントの告知
国内のカスタマーサポートのデジタル化を推進するSDIが『Support DX Summit 2021』の初開催|新たなサポート体験を提供する事例がわかるオンラインイベント
【広報担当者向け】取材の依頼に関して AIやDXに関する注目のニュースや企業の取り組みの取材のご相談を受け付けています。 無償 ・平日任意

・基本午前7:30公開(相談可)

打ち合わせ日から公開まで4週間程度を想定。 ・取り組みの概要
・取り組みの中で苦労したこと
・業界の課題
・インタビュイーの想いと今後の展望
アルゴリズム時代は終焉、ビッグデータからグッドデータへ|高品質なデータの重要性
【広報担当者向け】写真撮影に関して カメラマンとしても活躍するおざけんがご希望の写真を撮影します。 ASK 撮影日から共有まで2営業日を想定。  ー プロフィール情報:おざけん
寄稿に関して 社内のAIに関する取り組みから得たノウハウやナレッジの寄稿を受け受けています。 無償 ・平日任意
・基本午前7:30公開(相談可)
打ち合わせ日から公開まで2週間程度を想定。 ・取り組みの中で蓄積したノウハウやナレッジ  【AIセキュリティ超入門】第1話 – イントロダクション – AIをとりまく環境とセキュリティ
貴社のサービスの掲載に関して サービス紹介・比較記事で貴社のサービスの掲載を受け受けています。 ASK 3営業日程度を想定。 サービスの概要、料金、サイトURLなどの基本情報
講演の出演依頼に関して 講演やセミナーの出席依頼を受け付けています。 ASK
書籍の執筆依頼に関して AI/DXに関する書籍の執筆を受け付けています。 ASK ASK いちばんやさしいRPAの教本 人気講師が教える現場のための業務自動化ノウハウ 「いちばんやさしい教本」シリーズ
いちばんやさしいDXの教本 人気講師が教えるビジネスを変革する攻めのIT戦略 「いちばんやさしい教本」シリーズ
その他、タイアップに関して サイドバナーでのイベント告知など、タイアップに関するご相談を受け付けています。 ASK ASK ASK サイドバナーにAI・人工知能EXPOの告知を掲載
【イベントの主催者向け】イベントスペースの無償貸出 AI関連のイベントに限り、イベントスペースの貸し出しを行っています。 無償 Machine Learning 15minutes!を開催

※AINOWで記事を公開した際には、貴社のコーポレートサイト等で記事URLの記載をお願いしております。その点をご検討の上、ご連絡ください。

【広報担当者向け】取材の依頼やプレスリリースの掲載依頼に関して

1.プレスリリースの掲載に関して

1.プレスリリースの掲載依頼(無償)

プレスリリースをいただきましたら、編集部で検討の上、ニュース記事として掲載いたします。公開の3日前までにリリースをいただければ、事前に記事化し、同時公開することも可能です。

すべての掲載依頼にお応えできませんので、あらかじめご了承ください。

2.プレスリリース前のインタビュー依頼(無償)

プレスリリースの公開に併せて、インタビュー記事を公開したい場合は、ご相談ください。テーマをヒアリングし、実施の有無を判断いたします。

2.インタビューのご依頼に関して

AINOWでは、AIやDXに関する取り組みの取材を受け付けています。以下の流れで進行いたしますので、ご要望の方はご確認ください。

【インタビューの基本的な流れ】
  1. 記事のテーマ/ターゲットをヒアリング
  2. 記事の構成に落とし込む(AINOW編集部)
  3. 記事の構成を基に質問事項を作成(AINOW編集部)
  4. 質問に解答(貴社)
    Googleドキュメント上で書面回答
  5. 回答内容の確認(AINOW編集部)
  6. 回答内容を踏まえた上でインタビューを実施(オンラインor対面)
    ※必要性に応じて
  7. 写真撮影(AINOW編集部)
    ※6と合わせて実施
  8. 初稿作成(AINOW編集部)
  9. 事実確認(貴社)
  10. 公開日の調整(AINOW編集部)
  11. 公開(AINOW編集部)

取材をご希望の方は、下記のURLよりお問い合わせください。

3.写真撮影の依頼に関して

AINOWの編集長の傍ら、フリーカメラマンとしても活躍するおざけんが写真を撮影します。イベントに登壇される際の宣材写真などが必要な方は、下記のURLよりお問い合わせください。
※インタビュー記事内で使用する写真に関しては、無償で撮影いたします。

寄稿に関して

AINOWでは、寄稿記事を受け付けています。以下の流れで進行いたしますので、ご要望の方はご確認ください。

【寄稿の基本的な流れ】
  1. 記事のテーマ/ターゲットをヒアリング(AINOW編集部)
  2. 記事の構成に落とし込む(貴社)
  3. 確認(AINOW編集部)
  4. 本文の執筆(貴社)
  5. 確認(AINOW編集部)
  6. サムネイルの作成(AINOW編集部)
  7. 公開日の調整
  8. 公開(AINOW編集部)

寄稿をご希望の方は、こちらのURLよりお問い合わせください。

貴社のサービスの掲載に関して

AINOWは、サービス紹介・比較記事に貴社のサービスの掲載に関する相談を受け付けています。
サービスの掲載をご希望の方は、こちらのURLよりお問い合わせください。

講演の出演依頼に関して

AINOWは、講演/セミナーへの出席依頼を受け付けています。
編集長おざけんは、過去にMachine Learning 15minutes!やAI・人工知能EXPOで講師としてセミナーを開催する他、AI/SUM & TRAN/SUM with CEATEC 2020でモデレーターとしての実績もあります。

講演への出演をご希望の方は、こちらのURLよりお問い合わせください。

書籍の執筆依頼に関して

AINOWは、書籍の執筆を受け付けております。執筆内容や締切、ご予算については下こちらのURLよりお問い合わせください。
AINOWを運営するディップ株式会社次世代事業部は、過去に2冊の書籍を執筆しています。

その他タイアップに関して

その他、タイアップに関してもご相談を受け付けています。過去にはAINOWのサイドバナーにイベントの告知画像を掲載しました。

タイアップに関するご相談は、こちらのURLよりお問い合わせください。すべてのご相談にお応えできませんので、あらかじめご了承ください。

【イベントの主催者向け】イベントスペースの無償貸出

AINOWを運営するディップ株式会社では、AI関連のイベントに限り、無償でイベントスペースの貸し出しを行っています。貸し出しを行っているスペースは以下の2ヶ所です。

セミナールーム(70名収容)飲食不可
ピッチスペース(20名収容)飲食不可

貸し出しをご希望される方は、こちらのURLよりお問い合わせください。

採用情報

AINOWでは仲間を募集しています!AINOWのMISSIONやVISIONに共感してくださった方、AIやDXのトレンドを発信したい方、オウンドメディアの運営に携わりたい方は、是非ご応募ください!

AINOW編集部所在地

〒106-6231
東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
ディップ株式会社 次世代事業統括部 AINOW編集部

プライバシーポリシー

AINOWのプライバシーポリシーに関しては以下のWebページをご覧ください。

無料メールマガジン登録

登録してくださった方に、週に1度AINOWの厳選記事をピックアップし、お届けします。「ニュース確認に時間を割きたくない」という方は、是非登録して配信をお待ちください!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA

ゲームAIの最先端を独占取材!|スクウェア・エニックスのAIに迫る

世界最大容量の伝送を実現する光伝送技術を開発|富士通株式会社に迫る

Dall-E2のAIの出力を一貫させる方法 – プロからのアドバイス。

『人工知能(AI)』関連銘柄を解説!日本とアメリカで注目される関連銘柄とは

あなたにおすすめの記事

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA

ゲームAIの最先端を独占取材!|スクウェア・エニックスのAIに迫る

世界最大容量の伝送を実現する光伝送技術を開発|富士通株式会社に迫る

Dall-E2のAIの出力を一貫させる方法 – プロからのアドバイス。

『人工知能(AI)』関連銘柄を解説!日本とアメリカで注目される関連銘柄とは