HOME/ AINOW編集部 /カスタマーサポート特化AIチャットボットのカラクリが総額約5億円の資金調達を実施。
2019.10.31

カスタマーサポート特化AIチャットボットのカラクリが総額約5億円の資金調達を実施。

最終更新日:

カスタマーサポート特化型AI「KARAKURI」シリーズを提供するカラクリ株式会社が総額約5億円の第三者割当増資を実施したと発表しました。ALL STAR SAAS FUND PTE. LTD.、 株式会社ジャフコ、 BEENEXT2 PTE. LTD.が引受先です。

なお、株式会社ジャフコ、 BEENEXT2 PTE. LTD.は2018年の資金調達に続いての追加投資で、 今回の資金調達により累計調達総額は約6.6億円です。

今回調達した資金は、 「AIチャットボットのKARAKURI」から、 CS(カスタマーサポート業務)のデジタル革新を起こす「CS Automation & Optimization のKARAKURI」への進化を実現するために、 組織体制及び開発の強化に充当するとしています。

カラクリは創業以来、 正答率95%保証のAIチャットボット「KARAKURI chatbot」、 FAQページを自動生成&最適化するAI「KARAKURI SmartFAQ」などを提供し、 CS業務の人手不足解消やLTV向上などに寄与してきた企業です。

これまでメルカリ、WOWOW、SBI証券、ニッセン、蔦屋家電、GMOペイメントゲートウェイなど数多くの企業が導入しています。

サブスクリプションモデルが拡大し、 継続的なサービス利用や購買を促進するための顧客視点に立った製品・サービスの提供が重要視される中で、 カスタマーエクスペリエンス(CX)向上は、 益々、 企業の重要な経営課題となっています。

今後、 顧客対応の領域においては、 従来のマーケティング・プロモーションに加え、 カスタマーリテンションをテクノロジーにより強化することが重要になると予想されます。 カラクリはCS向けAIソリューションの幅を拡げることで、 労働人口の激的な減少による労働力を補完するとともに、 一社でも多くのCX向上経営を支援して行くことを目指していくとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

【AINOWロゴがリニューアル】生成数は2000以上! AIでロゴ生成した裏側を全公開

野球もデータドリブンの時代に ー野球特化の姿勢推定AI「Deep Nine」がリリース 【プロ球団で試験導入】

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/06/01更新】

2020年6月のAI関連イベントまとめ

AI-OCRとBPOを組み合わせ一括した文書の電子化をサポートする「Documentation One」がリリース

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

ニュースは新型コロナウイルスに過剰反応しているのか?

東大・松尾氏とABEJA・岡田氏がDXをテーマに対談【6/5に無料開催】

スターバックスはコーヒー事業者ではない ― データテック企業なのだ

フォトラクションが5.7億の資金調達、AIを活用した建設特化BPOサービスの開発に着手