HOME/ AINOW編集部 /レブコムが「MiiTel for Zoom」を提供開始|AIがオンライン商談を解析
2022.07.08

レブコムが「MiiTel for Zoom」を提供開始|AIがオンライン商談を解析

最終更新日:

株式会社RevComm(以下レブコム)は、新サービス「MiiTel (ミーテル)for Zoom」の提供を開始しました。

「MiiTel for Zoom」は、オンライン商談解析サービスで、Zoomでの商談をAIで文字起こしし、トーク内容を解析することで企業活動の生産性向上を実現します。。また、「MiiTel for Zoom」は議事録作成業務の自動化やオンライン商談分析の共有により、業務効率向上やセルフコーチングの推進に活用できます。

また、Salesforce※1などの顧客管理システムとの連携により、顧客とのZoom商談を一元管理することができます。

※1 Salesforce クラウドベースの顧客管理システム

MiiTel for Zoomで実現できること

MiiTel for Zoomは、8つの要素を提供しています。

1. 商談内容の保存

オンライン商談内容の記録・保存により、録画の一元管理を実現します。MiiTel for Zoom導入以前の録画も一元管理に加えることが可能です。

2.商談内容の記録

AIによる全文文字起こし機能により、議事録作成業務から人を開放します。会議が終わるたびに、Zapier※2連携により文字起こしをGoogleドキュメントに書き出すことができます。

※2 Zapier 異なるアプリやWebサービス同士を連携させてタスクを自動化するツール

3.音声解析

AIによるトーク比率、発言の被り、沈黙などが定量的にフィードバックされて、今後の商談の質向上に役立てることができます。
また、「あー、えー」などのフィラー発話を自動で取り除いたり、ユーザー辞書登録機能により、業務用語の文字起こし精度も向上できます。

4.商談内容をSalesforceなどと連携

Salesforceとの連携により、商談内容を他の重要情報と併せて管理することができます。MiiTel for Zoomの文字起こし結果が、レブコムが提供しているAI搭載のIP電話「MiiTel」の文字起こし結果とともにSalesforceに保存され、オンライン商談と電話の結果を一元管理することができます。

5.商談内容の検索

タイトル、参加者名、録画の長さや商談のタグ付けなどから、振り返りたい商談の検索が可能です。

6.トピック判定

商談の内容をAIが解析し、どのようなトピックが話されていたのか判定を行います。これによりトークの型を可視化し、ハイパフォーマーのトークの型を作ることができます。

7.コメント共有

商談にコメントをつけて共有することができ、気づきやフィードバックをその場で共有できます。

8.タグ付け機能

タグ付け機能(応対メモ)を用いて、後から確認すべき商談をプレイリストとして保存できます。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

基調講演だけではない。OpenAI、Microsoft、Metaもビジョンを語ったGTC2024セッションまとめ

ChatGPTもGeminiも忘れて、これらの(信じられない)次世代AIツールをチェックしてみよう!

「Yahoo!知恵袋」でも活用、LINEヤフーの生成AI活用戦略

あなたにおすすめの記事

基調講演だけではない。OpenAI、Microsoft、Metaもビジョンを語ったGTC2024セッションまとめ

ChatGPTもGeminiも忘れて、これらの(信じられない)次世代AIツールをチェックしてみよう!

「Yahoo!知恵袋」でも活用、LINEヤフーの生成AI活用戦略