HOME/ イベント /心を持つAI「レイシア」、新設された「AI・人工知能ワールド」で一際高い注目
2016.07.05

心を持つAI「レイシア」、新設された「AI・人工知能ワールド」で一際高い注目

最終更新日:


6月29日から7月1日まで東京ビッグサイトで行われた「コンテンツ東京2016」では、「AI・人工知能ワールド」コーナーを新設。その中でも一際高い注目を集めていたのが、「人工知能に心を持たせる技術を開発した」というモノゴコロのブースだ。SF小説「BEATLESS」(著:長谷敏司氏、イラスト:redjuice氏)に登場するアンドロイドのヒロイン「レイシア」と同社のAI技術を組み合わせたデモを行っていた。この記事の続きを読む

kinectが認識に活用されている
私もブースで体験してきました。会話はまだまだですが、アンドロイドの完成度にびっくりしました。他にもVR系の出展も多く、実際に体験できるので大盛況でしたよ。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」