HOME/ AINOW編集部 /「スマートスピーカー大集合 -AI・音声UIの未来を考えよう-」AINOW, Ledge.ai, ロボスタがSchooで生放送!
2018.02.22

「スマートスピーカー大集合 -AI・音声UIの未来を考えよう-」AINOW, Ledge.ai, ロボスタがSchooで生放送!

最終更新日:

2018.2.22 取材・編集:おざけん@ozaken_AI

おざけんです。

最先端分野の講座を毎日生放送している「Schoo」とコラボして、2月26日に生放送を行うことが決定しました。

スマートスピーカー大集合 -AI・音声UIの未来を考えよう-」というタイトルで、スタジオに集められるだけのスマートスピーカーを集めて比較しながらSiriやスマートスピーカーをはじめとした音声UIの未来を一緒に考えていこうと思います。

なんと、国内のAI3大メディアが大集合。各メディアの担当者の生の声を聞けるのはめったにないチャンス。

生放送は無料でご覧いただけます。

タイムラインで生放送への参加も可能です。スマートスピーカー、AI、音声UIについてなど、気軽に参加して質問してみてください!

「スマートスピーカー大集合 -AI・音声UIの未来を考えよう-」
放送日時:2月26日(月)21:00 – 22:00

誰でも無料で見れます!

<アジェンダ>
・スマートスピーカーとは何か?
・スマートスピーカーや音声認識、みなさんはどう使ってますか?
・音声インターフェースの未来
※授業内容は変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。

国内の大手AI3メディアが大集合!

国内には多くのWebメディアがありますが、AIをテーマとしたメディアは数多くありません。今回はその中でもLedge.aiさんとロボスタさんともコラボして生放送します。

Ledge.aiさんはマーケティングなどとAIについて実用的な知識が豊富にあります。スマートスピーカーがどのように利用されるのか、どんな話が聞けるのか楽しみです。

ロボスタさんはロボットに特価したメディア。スマートスピーカーのカオスマップも公開しており、スマートスピーカーの知識は豊富。みなさんの知らないスマートスピーカーの紹介もあるかもしれません。

スマートスピーカーが集まるのはめったに見れない?

スマートスピーカーがたくさんの種類並んでいるところを見たことがありますか?

実は、大手メディアでも多くのスマートスピーカーを並べた企画はほとんどしていません。

Google Home
Amazon Echo
LINE CLOVA Wave

その他にみなさんはどんなスマートスピーカーが思いつきますか?
意外と思いつかない人も多いのでは。。。

2018年2月にはFacebookが新たなスマートスピーカーを発売するかも!?と報道がありました。Appleも2018年に日本でスマートスピーカを発売しますね。

各IT大手が注目するスマートスピーカー。今後もスマートスピーカーは私たちの生活にどんどん溶け込んでいくでしょう。

音声UIの未来も考える

この生放送はスマートスピーカーについてだけではなく、音声UIの未来についても考えていきます。

スマートスピーカーは音声UIを大きく浸透させる第一歩となりました。しかし、まだまだ音声UIを使いこなしている人は多くありません。

みなさんが大きく音声UIに触れたのはAppleのSiriが最初でしょうか。あれは2011年のことです。もう7年も昔ですね。
それからスマートスピーカーが発表され、各家電がネットワークでつながり始めています。これから、音声UIはどんな未来を描いていくのでしょうか。

各メディアの視点も交えながら紹介していこうと思います。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

【AIと宗教】AIが神になる?AIと宗教の関わり方を事例を交えて解説

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性