HOME/ AINOW編集部 /【AIやデータ分析の活用を加速】株式会社ALBERTが東京海上日動と資本業務提携
2018.10.03

【AIやデータ分析の活用を加速】株式会社ALBERTが東京海上日動と資本業務提携

最終更新日:

株式会社ALBERTと東京海上日動火災保険株式会社が、損害保険領域におけるデータ分析やAI・人工知能を活用した業務効率化のために、資本業務提携を行うことに合意したと発表しました。

東京海上日動は、2018年度から3カ年の新中期経営計画「To Be a Good Company 2020」をスタートさせています。データ分析やAI・人工知能技術を活用することで、新たな価値の提供や業務プロセスの効率化を通じた生産性の向上に取り組んでおり、その一環の提携と言えそうです。

ALBERTはその強い分析力をコアとして、日本有数のデータサイエンスカンパニーとして2005年からソリューションを提供してきました。2018年5月にはトヨタから約4億円の出資を受けることも発表しており、各業界の大手とのコラボレーションを強めています。

2017年には約24億円の資金調達を発表。医療やヘルスケア、IoT、スマートファクトリーやマーケティングなど、各分野での製品開発に取り組んでいくと執行役員の平原氏は述べており、今回の業務提携では保険に関するどんな新たな取り組みが行われるのかが注目です。

24億の資金調達!分析力で爆進するALBERTにインタビュー

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ギリア、ニューラルネットワークを自動設計しサイズを90%以上縮小可能な「Ghelia Spectre」を開発

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/26更新】

元DeepMindリサーチャーが日本で起業!AI活用でSDGs達成を目指す

機械学習関連インターンまとめ32選

経済産業省が進めるDX関連施策まとめ ー2025年の崖って何!?

機械学習インターンとは?業務内容や受かるためのスキルなど徹底解説

「AIはチャレンジを乗り越える大きな鍵である」菅総理が語ったAI戦略【AI/SUM 2020レポート】

事業に結びつく研究が少ない – 東大とソフトバンクが組むBeyond AI 研究推進機構が目指すAI研究の事業化

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/19更新】

あなたにおすすめの記事

ギリア、ニューラルネットワークを自動設計しサイズを90%以上縮小可能な「Ghelia Spectre」を開発

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/26更新】

元DeepMindリサーチャーが日本で起業!AI活用でSDGs達成を目指す

機械学習関連インターンまとめ32選

経済産業省が進めるDX関連施策まとめ ー2025年の崖って何!?

機械学習インターンとは?業務内容や受かるためのスキルなど徹底解説

「AIはチャレンジを乗り越える大きな鍵である」菅総理が語ったAI戦略【AI/SUM 2020レポート】

事業に結びつく研究が少ない – 東大とソフトバンクが組むBeyond AI 研究推進機構が目指すAI研究の事業化

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/19更新】