HOME/ AINOW編集部 /ソフトバンク子会社ディープコアのファンド 「DEEPCORE TOKYO1号」にみずほ銀行、電通などが出資
2018.12.17

ソフトバンク子会社ディープコアのファンド 「DEEPCORE TOKYO1号」にみずほ銀行、電通などが出資

最終更新日:

AI特化型インキュベーター兼 VCである株式会社ディープコア(DEEPCORE)は、 AIスタートアップへの投資を目的としたファンド「DEEPCORE TOKYO1号 投資事業有限責任組合」(「DEEPCORE TOKYO1号」)が複数の法人や個人投資家から出資を受けたことを発表しました。

出資を発表したのは以下

  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社電通
  • Mistletoe Venture Partners株式会社
  • みずほ証券株式会社
  • 株式会社日本政策投資銀行
  • 日本ビジネスシステムズ株式会社
  • KSK Angel Fund LLC(本田 圭佑氏が手掛ける個人ファンド)
    ほか

「DEEPCORE TOKYO1号」は、 シードおよびアーリーステージの有望なAIスタートアップに投資を行い、 成長を支援することを目的とするファンドです。

DEEPCOREが運営するインキュベーションスペース「KERNEL HONGO」から生まれたAIスタートアップや、 既に設立されているAIスタートアップを投資対象とします。

これまでの出資先は主に以下

  • 株式会社VAAK
  • 株式会社UsideU
  • Uplift labs, inc
  • メドメイン株式会社
  • 株式会社Liaro
    ほか6社

▼KERNEL HONGO関連記事

47%は学部生! 本郷にAI特化型インキュベーション施設「KERNEL HONGO」がオープン

 

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

「AIはチャレンジを乗り越える大きな鍵である」菅総理が語ったAI戦略【AI/SUM 2020レポート】

事業に結びつく研究が少ない – 東大とソフトバンクが組むBeyond AI 研究推進機構が目指すAI研究の事業化

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/19更新】

DIVE INTO CODE がG検定の模擬問題を無料公開!10月29日に記念セミナーも開催も

【機械学習の解釈可能性】テック専門家に聞く:機械学習モデルはどのように自らを説明するのか?【Google公式ブログ】

チャットボットの8つのユースケース

【完全版】DX(デジタルトランスフォーメーション)を0から解説!定義からスキル、推進法まで網羅

Pairsに高水準のAIを活用した顔認証機能が導入

未知のデータを未知と認識し、AIの汎用性を大幅に向上するモデルの共同研究が開始

あなたにおすすめの記事

「AIはチャレンジを乗り越える大きな鍵である」菅総理が語ったAI戦略【AI/SUM 2020レポート】

事業に結びつく研究が少ない – 東大とソフトバンクが組むBeyond AI 研究推進機構が目指すAI研究の事業化

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/19更新】

DIVE INTO CODE がG検定の模擬問題を無料公開!10月29日に記念セミナーも開催も

【機械学習の解釈可能性】テック専門家に聞く:機械学習モデルはどのように自らを説明するのか?【Google公式ブログ】

チャットボットの8つのユースケース

【完全版】DX(デジタルトランスフォーメーション)を0から解説!定義からスキル、推進法まで網羅

Pairsに高水準のAIを活用した顔認証機能が導入

未知のデータを未知と認識し、AIの汎用性を大幅に向上するモデルの共同研究が開始