HOME/ AINOW編集部 /「AIが最適なモデルを提案」AIQとMONOKRZOMが「週末モデル」にAIを活用
2019.02.27

「AIが最適なモデルを提案」AIQとMONOKRZOMが「週末モデル」にAIを活用

最終更新日:

AIQ株式会社がもつ、個人の趣味嗜好を分析するプロファイリングAI(LiveReal)や属性分析データを、株式会社MONOKRZOMが運営する、企業とモデルのマッチングを行う副業アプリ「週末モデル」に活用すると発表した。

スピーディーで最適なモデル審査とモデル起用企業との高精度なマッチングの実現を目指して、2月27日に業務提携を行う。これによって、モデル審査からモデル起用企業マッチングまでの判断基準を一定にし、効率の良い最適なマッチングを実現する。

モデル登録審査の最適化

従来のモデルの登録審査は、人間の手で行われるため、主観的な判断が含まれてしまう。しかし、AIを利用することで、言語化しきれない週末モデルらしい要素を導き出し、スピーディーで最適な登録審査を行うことができ、より多くの登録モデルに対応できるようになる。

企業とモデルのマッチングの最適化

モデル個人がそれぞれに持つ多軸で膨大なデータをAIがスピーディーに解析することで、企業がモデルの選考の際にサポートとなる提案を行うことができる。また、企業とモデル側に予めヒアリング項目を設け、審査結果や活動実績などを基に高精度な学習モデルの構築を測ることもできる。

インフルエンサー起用の最適化

週末モデルでは、InstagramやTwitterなどのSNSを活用したインフルエンサーモデルによるプロモーションのメニューが存在する。これは、AIQの「インフルエンサーアナリティクス」を活用することで、インフルエンサーモデルにとって重要になる、フォロワー数、趣味嗜好、所有するファンの属性などの情報を簡単に取得できる。これによって、企業がインフルエンサーを選定する際に、より効果的なフォロワー属性を持ったインフルエンサーと企業の最適なマッチングが行える。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面