AI研究進展の鍵を握る統計的機械学習の基礎研究の日本での第一人者「杉山将」氏 技術顧問就任のお知らせ | AI CROSS

最終更新日:

ビジネスチャット、チャットボット、ショートメッセージサービスなどテクノロジーで、企業業務の効率化と多様な働き方を支援するAI CROSS株式会社は、杉山将(すぎやま まさし)氏が当社技術顧問に就任したと発表しました。

就任の背景

杉山将氏は、東京大学大学院教授として研究・教育に従事するほか、理化学研究所「革新知能統合研究センター」センター長を務めるなど、統計的機械学習の基礎研究分野を中心に国際的に高い評価を受けています。

一方、AI CROSSは2015年の設立以来、企業の業務効率化とそこで働く社員の多様な働き方推進のため、ビジネスチャットやチャットボット、そしてSMSプラットフォームの提供をしてきました。創立4年目を迎え、事業の成長をさらに加速させるべく、社員を経営資産として企業成長に活かし、また働く社員が高いパフォーマンスを発揮することで自らの自己実現へつなげるために、ビジネスチャットを中心に集積した企業内データの活用・分析分野のさらなる強化を検討いたしました。

この度の参画は、杉山氏にAI CROSSのサービス提供の目的に対する考えに賛同いただき、実現する運びとなりました。

AI CROSS株式会社 代表取締役社長 原田典子氏コメント

弊社は、最新テクノロジーを活用し、企業様の生産性向上、スマートワークを実現する会社です。
これまでコミュニケーションプラットフォームの提供に努めて参りましたが、杉山氏との連携を通して、機械学習分野での技術をサービスに適用することで、さらなるスマートワーク実現に向けて、より良いサービスを追求したいと思います。

杉山 将 氏コメント

私の研究は、応用分野の諸問題を抽象化し、その核となる理論やアルゴリズムを生み出すことで無数の可能性を創出することです。
ビッグデータを用いた機械学習も重要ですが、企業におけるデータ活用においては,限られたデータから様々な目的に対応できる汎用的なアルゴリズムが有用です。そのような機械学習理論を生み出すことが私の研究目標の一つであり、同研究が企業やそこで働く人たちの役に立てるように尽力していきたいと思います。

杉山将氏
1974年大阪生まれ.情報工学の学士(工学),修士(工学),博士(工学)の学位をそれぞれ1997年,1999年,2001年に東京工業大学から取得.2001年より同大学の助手,2003年より助教授(2007年より准教授に改称).2014年より東京大学教授.2016年より理化学研究所革新知能統合研究センター長を併任.2003年から2004年にかけ,アレキサンダー・フォン・フンボルト財団フェローとしてドイツ・ベルリンのフラウンホーファー研究所に滞在.2006年にはヨーロッパ委員会エラスムス・ムンダス助成を受け,英国・エディンバラのエディンバラ大学に滞在.非定常環境下での機械学習の研究に対して,2007年IBM Faculty Awardを受賞.密度比推定に基づく機械学習の研究に対して,2011年情報処理学会長尾真記念特別賞および2014年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞.また,一連の機械学習研究に対して,2016年度日本学術振興会賞および日本学士院学術奨励賞を受賞.機械学習とデータマイニングの理論研究とアルゴリズムの開発,および,その信号処理,画像処理,ロボット制御などへの応用研究に従事.

理化学研究所 革新知能統合研究センター センター長
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 教授

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する