トライアルグループ 1500台のカメラを導入した最先端店舗をオープン | Retail AIを設立しAIを独自開発

最終更新日:

スーパーなど小売業界で活用されるAIは「リテールAI」とも呼ばれ、店舗運営のコスト削減などの目的で活用が進んでいます。特に有名な事例はAmazonがシアトルにオープンさせて話題になった「AmazonGO」でしょう。

2018年2月、福岡県福岡市 アイランドシティに、トライアルが「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」をオープンしました。700台のカメラ、100台以上のスマートレジカート(セルフレジ機能・タブレット端末付き)を導入したまさに最先端のスーパーマケットです。

国内で小売店舗におけるAI導入を先進的に進めるトライアルが 「流通情報革命」をスローガンに、2018年11月に株式会社Retail AIを設立し、さらに「メガセンタートライアル新宮店」に1500台のカメラを導入し、スマートストアとしてリニューアルオープンすると発表しました。

リテールAI技術を活用し、 流通業界を変革する  |  株式会社Retail AIが設立

世界的に小売の現場に最先端のIT・AI技術を導入する“リテールテック”が注目されており、小売業界が大きく変化しています。 AmazonGoに似た取り組みは国内でも実証実験が進み、2018年11月にはJR東日本が赤羽駅においてレジなしコンビニの実証実験を行い、話題になりました。

そしてトライアルもテクノロジーの力で流通業界へ変革をもたらすべく、 2018年2月に日本初の“スマートストア”「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」、 同年12月、 日本初夜間無人運営可能店舗「トライアル Quick 大野城店」をオープンするなど、店舗へのAI導入に先行して取り組んでいます。

そしてトライアルは「リテールAI技術を活用し、 流通業界を変革すること」をより加速するために2018年11月1日にRetail AIを設立しました。国内に約50名、 中国に約300名のエンジニアを抱えており、大手電機メーカーやAIベンチャー出身の技術者が集結し、 高いレベルのリテールAI技術の開発・技術導入を行うことで、 ハードウエア、 ソフトウエアの自社開発、 店舗への導入までを一気通貫で対応します。 トライアル以外の小売店舗へ提供も予定しています。

1500台のリテールAIカメラを導入  |  メガセンタートライアル新宮店

トライアルは2019年4月19日に「メガセンタートライアル新宮店」をリニューアルオープンすると発表しました。 最大級の売り場面積を持ち、 フラッグシップ店舗でもある「メガセンタートライアル新宮店」はRetail AIが独自開発した、 世界初の小売に特化した「リテールAIカメラ」を1500台導入するとしています。

リテールAIカメラは従来に比べ、 導入コストを大幅に抑え、 店舗に大量導入することを可能になっています。  飲料コーナーではお客様がショッピングカートか買い物カゴでお買い物しているのかを分析し、 サイネージと連動させ、 お客様の購買行動に合わせた情報を提供することも可能になります。サイネージは210台導入され、トライアル最大のスマートストアになる予定だといいます。

「メガセンタートライアル新宮店」で1500台導入されるリテールAIカメラは、 Retail AIが世界初の小売に特化したリテールAIカメラ。人物カウントや商品認識など小売に特化したAIを搭載しています。

リテールAIカメラはエッジ処理からクラウド処理まで連携可能にするソフトウェアを搭載し、高額なサーバがなくても作動します。さらに、 スマートフォンをベースに開発したことで 1300万画素のカメラを搭載し、ハイビジョン動画や高精細な静止画の撮影が可能になりました。 例えば、 飲料コーナーではAI分析しサイネージと連動させ、 お客様がショッピングカートの場合はケース買いのお得な情報を、 また買い物カゴに合わせたお得情報を流すなど、 お客様の購買行動に合わせた情報を提供することが可能になります。

小売に特化したリテールAIカメラ

これにより導入コストを従来と比べ大幅に抑え、 店舗に大量導入することを可能にしています。

リテールAIカメラのコストマップ

 

リテールAIカメラが商品を分析している様子

トライアルはお客様の買物行動をもとに消費者への提案と新しい買い物体験を追求することで、 この仕組みを他小売業へと広げていきたいとしています。

株式会社Retail AI
「リテールAI技術を活用し、 流通業界を変革すること」を目的に、 2018年11月に設立。
自社開発のリテールAIカメラを活用した店内・棚前のお客様の買物行動の分析、 棚コンディションの監視、 タブレットカートやサイネージと連動したショッパーマーケティングの展開などにより、 お客様に新しい価値を提案することをミッションとしている。 国内に約50名、 中国に約300名のエンジニアを抱え、 リテールAIテクノロジーのリアル店舗への開発・導入を行う。 加えて、 大手電機メーカーやAIベンチャー出身の技術者が集結し、 ハードウエア、 ソフトウエアの自社開発、 店舗への導入までを一気通貫で担う。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する