HOME/ AINOW編集部 /インド工科大学の4人に1人が知っているbitgritとは?
2019.05.13

インド工科大学の4人に1人が知っているbitgritとは?

最終更新日:

撮影:AINOW編集部

日本・インド・エストニアに拠点を置くデータサイエンスやAIのスタートアップ企業、株式会社bitgritが、インド工科大学の中の3校舎(ボンベイ、 デリー、 ハイデラバード)で、 大学一年生から博士課程の学生を対象に、 bitgritへの認知度や興味度の調査を行い、調査の結果、3校舎において平均して24%の認知があることが判明したと発表しました。

インド工科大学はGoogle LLCやソフトバンク株式会社の経営層など、 IT系大企業のトップを続々と輩出し、 世界でも最高峰の大学と評されています。過去の調査では、 日本の上場企業で5%程度の認知度とされていて、bitgritの認知度の高さがわかります。

bitgrit」は「AIの価値をブロックチェーンによって民主化する」というビジョンのもとに設立され「ブロックチェーンを用いたデータサイエンティストネットワークやAIのマーケットプレイス」を提供するべく開発を続けている企業で、AINOWによるインタビュー記事も公開中です。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験