HOME/ AINOW編集部 /AI・人工知能EXPOは2020年から年2回の開催へ
2019.07.09

AI・人工知能EXPOは2020年から年2回の開催へ

最終更新日:

リード エグジビション ジャパン株式会社は、 AI・人工知能EXPOを2020年から年2回の開催とすることに決定したと発表しました。春(4月)は東京ビッグサイト、秋(10月)は幕張メッセで開催となり、さらなる盛況が見込まれるとしています。

2019年4月に開催した第3回AI・人工知能EXPOは2018年比2,416名増の48,739名が来場するほどの盛況でした。

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催し、国外への大きなアピールとなる2020年に、どんなAIが展示会に並べられるのか、注目です。

 

あなたにおすすめの記事

AI-OCRとBPOを組み合わせ一括した文書の電子化をサポートする「Documentation One」がリリース

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

ニュースは新型コロナウイルスに過剰反応しているのか?

東大・松尾氏とABEJA・岡田氏がDXをテーマに対談【6/5に無料開催】

スターバックスはコーヒー事業者ではない ― データテック企業なのだ

フォトラクションが5.7億の資金調達、AIを活用した建設特化BPOサービスの開発に着手

【リモート開催】AI特化型アクセラレーター「AI.Accelerator」12期デモデイレポート

数クリックでAI予測モデル構築が完了 ーExcelに特化したプラットフォーム「Forecasting Experience」が正式リリース

コージェントラボ、総額21.8億円の シリーズCラウンドを完了

ABEJAがCOVID-19を受けDXの重要性を表明 ー事業を継続できる保証はなくなった