HOME/ AINOW編集部 /AI・人工知能EXPOは2020年から年2回の開催へ
2019.07.09

AI・人工知能EXPOは2020年から年2回の開催へ

最終更新日:

リード エグジビション ジャパン株式会社は、 AI・人工知能EXPOを2020年から年2回の開催とすることに決定したと発表しました。春(4月)は東京ビッグサイト、秋(10月)は幕張メッセで開催となり、さらなる盛況が見込まれるとしています。

2019年4月に開催した第3回AI・人工知能EXPOは2018年比2,416名増の48,739名が来場するほどの盛況でした。

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催し、国外への大きなアピールとなる2020年に、どんなAIが展示会に並べられるのか、注目です。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

いかにして私は機械学習を再び学び始めたか(3年後)【前編】

LINEが日本語特化の超巨大言語モデルの開発を発表、100億ページ以上の日本語データを学習

注目すべきDXの市場規模は?成長の早い業界や世界各国との比較も!

ビジネス上の目的を選択し、指定されたデータを用意するだけでモデルを作成する「datagusto」β版がリリース

囲碁AIがプロ囲碁の世界に与えた影響

機械学習入門者が学ぶべきこと、学習方法を超具体的に解説します

AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催

PKSHAと東京海上HDが合弁会社を設立。データをもとにソリューションを創出。

LINEバイト、AIが全案件の電話応募に対応、将来的にはAIが面接する可能性も示唆

DX人材とは ー6つの業種、4つのスキル、3つのマインドセット

あなたにおすすめの記事

いかにして私は機械学習を再び学び始めたか(3年後)【前編】

LINEが日本語特化の超巨大言語モデルの開発を発表、100億ページ以上の日本語データを学習

注目すべきDXの市場規模は?成長の早い業界や世界各国との比較も!

ビジネス上の目的を選択し、指定されたデータを用意するだけでモデルを作成する「datagusto」β版がリリース

囲碁AIがプロ囲碁の世界に与えた影響

機械学習入門者が学ぶべきこと、学習方法を超具体的に解説します

AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催

PKSHAと東京海上HDが合弁会社を設立。データをもとにソリューションを創出。

LINEバイト、AIが全案件の電話応募に対応、将来的にはAIが面接する可能性も示唆

DX人材とは ー6つの業種、4つのスキル、3つのマインドセット