HOME/ AINOW編集部 /AIと人間の共同作業で全身イラストを制作するツール「彩ちゃん+」がリリース
2019.12.25

AIと人間の共同作業で全身イラストを制作するツール「彩ちゃん+」がリリース

クリエイティブAI開発の株式会社ラディウス・ファイブ(RADIUS5)は、AIの特性と人(絵師)の特性を活かしたハイブリッドな全身イラスト制作サービス「彩ちゃん+」の提供を開始したと発表しました。

「彩ちゃん+」は、超高速に多彩なバリエーションの顔イラストを作り出し、その顔イラストから絵師が創造的に全身のイラストを制作するサービスです。

RADIUS5は、ディープラーニング技術を用いた研究開発を行い、クリエイティブの現場で利用することができるAIサービスの開発に取り組んでいます。2019年2月にクリエイティブ作業を効率化するさまざまなAIツールを提供するプラットフォームcre8tiveAI をリリースし、その後、写真やイラストの高解像度化AI Photo Refinerの提供を開始、2019年9月には100万種類以上の顔イラストを生成する「彩ちゃん」をリリースし、クリエイティブ領域で多方面に展開している企業です。

2019年12月25日にリリースされた全身のイラストを描くAI 「彩ちゃん+」は、AIだけで実現するには難易度が高い全身のイラストを人(絵師)との共同作業にすることによって速やかに実現したサービスです。一般的なイラスト制作に比べて 1/3の時間、1/3の料金で制作することが可能で、高品質な全身イラストを制作することが可能だとしています。「彩ちゃん+」は、RADIUS5が提供するAIプラットフォームcre8tiveAI 上で提供されます。

今後、RADIUS5では、AIによる上半身や全身のイラスト、3Dモデルの提供を行うべく、研究・開発を行なっていくとしています。また、その過程で、AIの特性と人の特性をうまく活用できるようなコラボレーションを創り出し、「彩ちゃん+」のようなAIと人の共創といった新しい働き方を提案し、人がよりクリエイティブな仕事に注力できるようなサービスの開発も行っていくとしています。

「彩ちゃん+」の特徴
  1. うまい(上手い)
    国内の有名ゲームタイトルで活躍する絵師がイラストの制作を担当します。自分の好みの女の子の顔を選んだ上に、品質の高い全身イラストが提供されることになるので、満足いく1枚を手に入れることができます。
  2. やすい(安い)
    最初にAIである彩ちゃんが顔のイラストを制作することによって全体の方向性が定まります。イラストの方向性が固まった状態で絵師が制作を開始することができるため、フィードバックを無くしたシンプルなイラスト制作が可能となります。工程をシンプルにすることで一般的な商業用イラスト制作の1/3以下の金額で提供が可能です。
  3. はやい(早い)
    彩ちゃんが顔を描くことによって、制作指示書をベースにした制作のやりとりが発生しません。そのため高速にイラストを制作することが可能です。一般的なイラスト制作の場合、制作指示書の作成時間なども含めると6週間程度かかります。しかし「彩ちゃん+」を使うと1/3以下の1〜2週間で納品することができます。
「彩ちゃん+」の利用料金
  • 全身のイラスト制作 ¥33,000
    2,000 × 2,000px のpng、psdのデータが納品されます。
  • 喜怒哀楽の表情差分制作(4差分追加) +¥5,000
    彩ちゃんが描いた表情に加えて、喜怒哀楽の差分を追加で納品されます。
  • 8,000 × 8,000px の高解像度化 + ¥1,000
    高解像度化AI「Photo Refiner 」で高解像度化したpng を追加で納品されます。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

【AINOWロゴがリニューアル】生成数は2000以上! AIでロゴ生成した裏側を全公開

野球もデータドリブンの時代に ー野球特化の姿勢推定AI「Deep Nine」がリリース 【プロ球団で試験導入】

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/06/01更新】

2020年6月のAI関連イベントまとめ

AI-OCRとBPOを組み合わせ一括した文書の電子化をサポートする「Documentation One」がリリース

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

ニュースは新型コロナウイルスに過剰反応しているのか?

東大・松尾氏とABEJA・岡田氏がDXをテーマに対談【6/5に無料開催】

スターバックスはコーヒー事業者ではない ― データテック企業なのだ

フォトラクションが5.7億の資金調達、AIを活用した建設特化BPOサービスの開発に着手