JR東日本が異音検知にAI活用へ ーJR東日本スタートアップとHmcommが資本業務提携を締結

最終更新日:

JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップ株式会社が、 ディープラーニングを用いた“音声認識処理、 自然言語解析処理を用いたプラットフォーム(Vシリーズ)”と“異音検知解析処理を用いたプラットフォーム(FAST-D)”を展開するHmcomm株式会社と、 資本業務提携を締結したと発表しました。

Hmcommの各種プラットフォームと連携し、 従来、 人間の五感に頼っていた車両や線路などの鉄道事業のアセットにおける不具合判断を、 異音の観点からシステム化による定量的な支援を可能にし、 JR東日本の掲げる「安心・安全」の実現を目指すとしています。

JR東日本グループは「技術革新中長期ビジョン」の下、 「モビリティ革命」を実現するために、 IoT・AI・ビッグデータを活用して新たな価値を生み出すためにさまざまな取り組みを行っています。

Hmcommは、 「国立研究開発法人産業技術総合研究所」発のベンチャー企業として、 『音から価値を見出し 社会を変革し 社会に貢献する』という企業理念のもと、 ディープラーニングによる音声認識処理技術により、 要素技術の研究/開発、 ソリューション/サービスを提供しています。

今回の連携により、 車両や線路などの鉄道事業における不具合判断を異音の観点から、 事故などの予兆を捉え、 また経験知では導けないリスクを掘り起こし、 先取りした対策を進めていくとしています。

2019年12月27日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する