リテール向けAIカメラソリューションのAWLが総額8.1億円の資金調達、サイバーエージェントなどと協業も発表

最終更新日:

リテール向けAIカメラソリューションを提供するAWL株式会社が、 総額8.1億円のシリーズAの資金調達を実施したと発表しました。

第三者割当増資は、 株式会社アスカネット、 株式会社共同通信デジタル、 株式会社サイバーエージェント、 凸版印刷株式会社、 みずほキャピタル株式会社、 三菱UFJキャピタル株式会社の6社と、 個人投資家で株式会社TWO代表取締役社長の東 義和氏を引受先とした、 総額4.6億円です。

また、 融資はみずほ銀行、 三井住友銀行、 三菱UFJ銀行他より総額3.5億円の当座貸越契約を締結するとともに、 三井住友ファイナンス&リース株式会社とのリース契約を締結し、 今後の事業加速に向けた強固な財務基盤を構築しています。

AWLは、 既設の防犯カメラを活用して、 リテールをはじめとした店舗のデジタル化、 AI化を実現するAIカメラソリューションの開発、 実証実験を重ねてきた企業です。

複数特許を取得済みのAIエッジデバイス「AWL BOX」と、 スマホやタブレット、 サイネージにインストールして、 簡単にAI機能を利用できる「AWL Lite」の2つのサービスを2020年2月中旬に正式リリースし、 スーパーやコンビニ、 ドラッグストア、 飲食、 アパレルなどのチェーンストアに加え、 宿泊施設や工場、 倉庫、 交通機関、 式場など、 リアル空間のAIによる分析・可視化・自動化により、 現場作業の負荷軽減、 省人化/無人化の推進、 マーケティングの高度化、 付加価値向上の実現を支援していくとしています。

また、AWLは、 株式会社サイバーエージェント、株式会社サッポロドラッグストアーとの間で、「オンラインとオフラインを融合したマーケティングプラットフォームの確立」に向けた実証実験を行うことを目的とする業務提携契約を締結したことも発表しました。

国内オンライン広告取扱高トップのサイバーエージェントが持つ広告販促業界でのネットワークやノウハウと、 AIカメラやセンサーなどのAI、 IoTを積極的に導入して、 デジタルトランスフォーメーションのノウハウを蓄積しているサッポロドラッグストアーと、 店舗内のあらゆる行動をデジタル化、 可視化するリテール向けAIカメラソリューションを提供するAWLが、 それぞれの知見を持ち寄り、 オンラインとオフラインを融合した施策を実現・検証するための、 OMOプラットフォームを開発し、 小売事業者のデジタルトランスフォーメーションの成功事例を確立することを目的としているとしています。

OMO: 「Online Merges with Offline(オンラインとオフラインの融合)」の略称で、 オンラインとオフラインの垣根を超え、 双方一体的なサービスで顧客体験の向上を図っていくマーケティング戦略のことを指す
2020年2月3日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する