HOME/ AINOW編集部 /【掲載数58!】コールセンター向けAIソリューション カオスマップ 2020をアイスマイリーが公開
2020.02.18

【掲載数58!】コールセンター向けAIソリューション カオスマップ 2020をアイスマイリーが公開

最終更新日:

引用:PR TIMES

AIを搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーが、「コールセンター向けAIソリューション カオスマップ2020」を2020年2月18日に提供開始しました。合計58サービスが掲載されています。

AIを活用した音声認識技術やテキスト分析の分野への注目の高まりとともに、コールセンターにおける業務効率化や対応の迅速化を目的にさまざまなAIソリューションが誕生しています。

コールセンター向けAIソリューションは、AIを活用したコールセンターの人手不足解決やオペレータの業務支援、お客様の声分析などの総称を指し、会話の可視化やオペレーターのナレッジ共有など、従来のコールセンター業務の課題がAIによって解決されると期待されています。

AIsmileyではこれまで、「チャットボット」や「画像認識」、「検索システム」などの分野でカオスマップを作成し、AI導入を検討している企業に向けて製品情報を提供しており、今回のカオスマップでは、コールセンター業界に焦点を当て、さまざまな導入目的別に、AIsmileyが独自に選定した計58社の製品をマッピングしています。

同社は、コールセンター向けAIソリューションの動向として、近年はオペレータ支援やチャットボット、音声認識といったAIカテゴリの導入が目立ち、AIを活用したVoC(Voice of Customer:顧客の声)やCRMなど、顧客管理や応対品質向上を検討する企業が増えてきているとしています。

また、コールセンターが直面している深刻な人手不足もコールセンター向けAIソリューションの活用促進を後押ししています。正規社員が少ないため、スタッフの流動性が高いコールセンターでは、新人研修に時間と予算がかかってしまう課題があります。少ない人員でも「効率良く」運営したいという考えのもと、AIソリューションの導入を進めているコールセンター運営企業が増えてきています。

同社のお問い合わせフォームの「お問い合わせ内容欄」に「コールセンター向けAIカオスマップを資料請求 」と記載し送信することでコールセンター向けAIソリューション カオスマップの入手が可能です。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Generative AI Japan|産官学連携で世界に通用する競争力の獲得を目指す

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

あなたにおすすめの記事

Generative AI Japan|産官学連携で世界に通用する競争力の獲得を目指す

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー