HOME/ AINOW編集部 /OpenAIがGPT-3を強化したテキスト生成APIをリリース
2020.06.13

OpenAIがGPT-3を強化したテキスト生成APIをリリース

最終更新日:

イーロン・マスクらが共同設立したAI研究を行う非営利組織「Open AI」はテキスト生成AIモデルにアクセスできるAPIをリリースすると発表しました。

このAPIはテキストを入力するとテキストを出力するもので、汎用的なインターフェースを通して、ユーザは事実上あらゆる英語のタスクを試すことができるといいます。このAPIを介すことで、自社サービスに統合することが可能になります。

このAPIでは、与えられたパターンにマッチするように試行しながら、テキストを補完し、データを返します。また、特定のタスクの精度を向上させるために、ユーザが提供したフィードバックをもとに学習することが可能です。

このAPIは、OpenAIがリリースし話題になった「GPT-3」のモデルをさらに向上させ、また常に技術アップデートが行われているといいます。

「GPT-3」とは、人間と同程度の精度で文章生成が可能な「GPT-2」の後継であるモデルで、「GPT-2」はその精度の高さから「危険すぎる」と問題視され、技術的な詳細の公開は延期されています。

「GPT-2」のパラメータは15億個に対し、「GPT-3」は1750億個のパラメータをもち、人間が書いたものと区別がつかないような文章の生成も可能です。

このAPIでは、嫌がらせやスパムなど有害な利用はAPIアクセスを停止する処置が講じられます。しかしながら、このツールが悪い結果をもたらす事例が生まれる可能性が残ることから、一般公開ではなく、ベータ版として提供し、自然言語処理技術の安全性の側面を研究していくとしています。

OpenAIは2015年に10億ドルの寄付金で設立したAI研究の非営利団体。イーロン・マスクらアメリカの起業家や投資家などが集まり、AIに関するソフトウェアのソースコードを公開し、AIのオープンソース化を進めることが目的です。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面