HOME/ AINOW編集部 /東大発AIベンチャー、工場敷地内の自動運転トラックの開発を開始 -工場の完全自動化へ
2020.06.15

東大発AIベンチャー、工場敷地内の自動運転トラックの開発を開始 -工場の完全自動化へ

最終更新日:

TRUST SMITH株式会社は、 自動運転トラックを活用した工場敷地内での自動搬送ソリューションの開発を開始したと発表しました。

同社は、障害物回避型ロボットアームや、 自律走行型AGV(無人搬送車)、 自律走行型フォークリフトのアルゴリズム、 画像処理の技術を活用した工場機械の異常検知AIなどの技術を開発してきた企業で、今回の自動運転トラックを開発することで、完全自動化のスマートファクトリーの実現を目指すとしています。

スマートファクトリーとは、 工場内のさまざまな機器や設備、 作業データなどを、 IoTなどを活用して取得・収集し、 このデータを分析・活用することで新たな付加価値を生み出せるようにする工場を指します。

日本国内の工場では人手不足が過大視されています。経済産業省が毎年発行している「ものづくり白書」の2018年版によると、 人材確保について「大きな課題となっており、 ビジネスにも影響が出ている」という回答者の比率は前年の22.8%から32.1%と大きく増加しています。

人材確保の状況 出典:2018年版 ものづくり白書

こうした背景から、 「自動機やロボットの導入による自動化・省人化」や「データなどの活用による生産工程の合理化」などをはじめとした「スマートファクトリー化」が本格的に加速しています。

同社は 工場の自動化に関するさまざまなソリューション開発の知見を生かし、 製造業や運送業のパートナーと共に、自動運転トラックの実用化に向けた実証実験を進めていく方針です。

開発においては、 名古屋大学などで開発された自動運転システム用オープンソースソフトウェア「Autoware」を活用する予定だ。 レーザレーダ、 カメラ、 GNSSなどの環境センサを利用して、 自車位置や周囲物体を認識しながら、 倉庫内での自律走行が可能になるといいます。

自動搬送トラック

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」