HOME/ AINOW編集部 /日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始
2020.07.07

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

最終更新日:

ドッグカメラ『Furbo(ファーボ)』を展開するTomofun株式会社は 6月30日(火)からAIを活用したドッグシッターサービス『Furboドッグシッター 』を開始しました。

Furboは、 2016年の発売以降、 世界144ヶ国、 60万人以上の愛犬家が愛用するドッグカメラです。留守番中に自宅にいる愛犬の様子を見たり話しかけたり、 おやつをあげて一緒に遊ぶことができるドッグカメラです。

『Furboドッグシッター 』サービスは、世界中の愛犬家の声を基に、 「心配な愛犬のお留守番を、 もっと安全に、 もっと安心に。 」 をコンセプトに開発されました。 先行してリリースされた米国では、 500匹以上 の愛犬の命を救いました。

『Furboドッグシッター』は、 不在時に愛犬を見守り、 留守番時の “安全” や “健康” にまつわるあらゆるリスクを察知してお知らせするサブスクリプション形式の有料サービスです。

AIを活用したドッグテクノロジーにより、 ”犬”が寂しそうにしている時やイタズラしている時、 ”人”が映った時 を検知するだけでなく、 火事、 ガス漏れなど自宅の緊急事態 を自動検知してスマホに通知を送ります。

また、 愛犬の健康にまつわる緊急事態も検知して通知する機能をまもなく公開予定です。

これらの通知は、 全てアプリ内に 動画で自動保存 されます。 さらに 愛犬の1日の象徴的な出来事のみをまとめたダイジェスト動画(最大60秒) も自動生成されます。 その他にもFurboをより便利にご利用いただける新機能が付いてきます。

【主な機能】
  1. スマート通知
    一般的な音や動きを検知するカメラとは異なり、 Furboは、 “犬”に関連した音や動きを検知します。
    犬がイタズラしている時や寂しそうにしている時や人が写り込んだ時、 自宅の火事やガス漏れのアラーム音を検知した際も自動でスマホに通知します。 また、 犬の健康にまつわる緊急事態をお知らせするサービスもまもなく公開予定です。
  2.  クラウドレコーディング
    Furboは“犬”に関連したシーンを検出し、 動画で記録します。 留守中に愛犬が吠えた訳を知ることができ、 おやつをあげて気を紛らわすこともできます。
  3. ドギーダイアリー
    Furboは愛犬の一日の可愛らしい一瞬だけを記録し、 タイムラプスで今日のワンコ風動画を作成します。

    60秒で一日の様子のダイジェストを確認できます。

  4. 進化版ワンワン通知
    これまでのワンワン通知が大幅に進化。 犬が1分以上継続的に吠えているとき、 遠吠えしているとき、 泣いているときの音の違いを認識して、 スマホに通知することができます。
  5. ON/OFFスケジュール機能
    アプリからFurbo本体の電源のON/OFFの切り替えと、 その予約ができるようになりました。

 

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

株式会社ABEJAはwithコロナの時代に即してオフィスを移転−社員のライフスタイルに合わせた勤務が可能に

伝説的ピアニストグレン・グールドの音楽表現を学んだAIがピアノ演奏を披露−世界最大規模のメディアアートの祭典でも会場を満員に

【G検定奮闘記】非エンジニア大学院生が、ゼロから一ヶ月でG検定に合格するまで

2020年8月のAI関連イベントまとめ【オンライン含】

AIセキュリティ超入門-イントロダクション~AIをとりまく環境とセキュリティ~

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/08/03更新】

世界初のAI恋愛ナビゲーションアプリが関東を中心に事前登録を開始−3つのナビゲーションで恋愛をアシスト

LINEがAIブランドを「LINE CLOVA」に統一 -議事録生成ツールの構想も発表【LINE AI DAY】

まだ間に合う!「Deep Learning Digital Conference」 が明日開催!Google BrainのShane Gu氏も登壇

あらゆる機械の自動化に挑むDeepXが総額16 億円の資金調達 ー少数データ学習や説明可能性、現場での頑健性をさらに追求