HOME/ AINOW編集部 /0.5秒で検温可能なAIソリューションが東京ドームに導入
2020.07.14

0.5秒で検温可能なAIソリューションが東京ドームに導入

最終更新日:

ソフトバンク株式会社と、ソフトバンクの子会社である日本コンピュータビジョン株式会社(JCV)は、AI温度検知ソリューション「SenseThunder(センス・サンダー)」を、全天候型多目的スタジアム「東京ドーム」を運営する株式会社東京ドームに納入しました。

0.5秒で検温可能なSenseThunderとは

SenseThunder」は、発熱の疑いがある方を検知できるソリューションです。

AI(人工知能)を活用した顔認識技術赤外線カメラを使い、マスクを着用したままでも対象者の温度を所要時間わずか0.5秒で測定することができます。

JCVが開発と提供を、ソフトバンクが今回の販売と導入支援を行っています。

今回は、「SenseThunder」のラインアップのうち、最上位機種である「SenseThunder-E(センス・サンダー・イー)」を納入しました。

東京ドームに最上位クラス「SenseThunder-E」を導入

SenseThunder-E」は所要時間0.5秒で、かつ±0.3度の精度で温度検知が可能な製品ですまた、マスクや眼鏡を着用したままでもスピーディーに検温をすることができます。

SenseThunder-Eは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、国内の官公庁や病院、企業での利用が広がっています。

JCVは、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症の拡大防止や施設の運営管理に貢献するため、今回得たノウハウを基に、オフィスやイベント会場、空港、学校などへの導入拡大を図っていきます。

ソフトバンクは、AI(人工知能)やIoTなどの先端技術と組み合わせたソリューションの提供を、スマートシティやスマートビルディング分野で目指していきます。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Google I/O 2022で発表された最新自然言語処理技術まとめ

国内EC流通総額10兆円への道|楽天グループ株式会社に迫る

DALL-E 2とは何か ーアーキテクチャからリスクまで解き明かす ー

株式会社ストックマーク

株式会社ストックマーク|自然言語処理AI搭載のSaaS開発

株式会社ACES

株式会社ACES|東大AI研究室から生まれたスタートアップ企業

株式会社タスキと電通大坂本研究室が共同研究の成果を人工知能学会にて発表|街の雰囲気を予測するモデルを構築

あなたにおすすめの記事

Google I/O 2022で発表された最新自然言語処理技術まとめ

国内EC流通総額10兆円への道|楽天グループ株式会社に迫る

DALL-E 2とは何か ーアーキテクチャからリスクまで解き明かす ー

株式会社ストックマーク

株式会社ストックマーク|自然言語処理AI搭載のSaaS開発

株式会社ACES

株式会社ACES|東大AI研究室から生まれたスタートアップ企業

株式会社タスキと電通大坂本研究室が共同研究の成果を人工知能学会にて発表|街の雰囲気を予測するモデルを構築