HOME/ AINOW編集部 /マンガ専用の多言語翻訳システム『Mantra Engine』がリリース -従来の翻訳作業のワークフローを約50%カット
2020.07.28

マンガ専用の多言語翻訳システム『Mantra Engine』がリリース -従来の翻訳作業のワークフローを約50%カット

最終更新日:

マンガに特化した機械翻訳技術および法人向けサービス『Mantra Engine』の研究開発を行うMantra株式会社は、2020年7月28日に多言語翻訳システム『Mantra Engine』の正式版をリリースしました。

『Mantra Engine』は、マンガの高速な多言語展開を可能にする、出版社およびマンガの制作・配信事業者を対象にした法人向けクラウドサービスです。

マンガの翻訳版制作に関わるほぼすべての作業をブラウザ上で可能にすることにより、簡便な操作性と、関係者全員で進捗を共有できる利便性を実現しました。

『Mantra Engine』動作画面 ©️Kuchitaka Mitsuki

また、『Mantra Engine』は次のような技術を組み合わせています。

  • Mantraが独自に開発したマンガ専用の機械翻訳技術
  • プロの翻訳者による修正・校閲

これらの技術により、従来の翻訳版制作のワークフローと比較して、約半分の時間で翻訳版の制作が可能になりました。

対応言語は英語・中国語(簡体字)から開始し、順次追加を予定しています。

現在、新型コロナウィルスの影響により、自宅でのコンテンツ消費が加速しています。電子流通によるマンガの海外展開は、世界中で新しい読者を獲得する強力な一手になるでしょう。

この『Mantra Engine』がマンガの海外展開を強力に後押しすることで、世界中のファンに日本のマンガを届けることが期待されています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

AIが生成したコンテンツを自分のサイトで公開して学んだこと

あなたにおすすめの記事

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

AIが生成したコンテンツを自分のサイトで公開して学んだこと