HOME/ AINOW編集部 /現役高専生が起業!深層学習を利用した送電線点検システム
2020.08.20

現役高専生が起業!深層学習を利用した送電線点検システム

最終更新日:

2019年に開催された、高専生が積み上げたものづくりの技術と、ディープラーニング技術を組み合わせ事業を創出し、その評価額を競うコンテスト「DCON2019」に出場した武智大河氏が、同コンテストへの出場をきっかけに、株式会社三豊AI開発を起業し、2020年8月19日に登記を行いました。

武智氏は香川高等専門学校の岬・岩本研究室に所属する現役の高専生です。

武智氏は昨年、ディープラーニングを活用した「AI送電線点検システム」でDCON2019本選に出場。結果として、企業評価額3億円 / 投資総額3,000万円と、出場チーム中2番目のバリュエーションを獲得しました。その後も研究を続け、今回の起業に繋がっています。

三豊AI開発では「AIを活用した電線点検サービスシステムの提供」を予定しています。

同システムでは送電線上を走行するロボットが外観映像を撮影し、映像からディープラーニングを活用して送電線の損傷を自動検出します。従来の確認作業に掛かっていたコストを削減するほか、検査品質の確保や確認作業の効率化を目指します。

送電線上を走行するロボットの製造・運用はテクノ・サクセス株式会社が行います。

三豊AI開発は、DCON出場者の2社目の起業です。以前には、長岡工業高等専門学校に在学中のソドー氏とノムハ氏がintegrAI社を起業しています。

JDLAでは今後も、DCONを通じてディープラーニングのビジネス活用を担う人材輩出を目指して活動を強化していく予定です。

また、8月22日には、DCON2020の本選が開催される予定です。ディープラーニングのビジネス活用を担う若手人材が集い、今後にも注目が集まります。

▼DCON2020について詳しくはこちら

▼YouTubeでも解説!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

スマートチャネル時代の「ヒト」と「AI」のコミュニケーションとは|株式会社トゥモローネット

圧倒的なAI開発技術、領域横断のDXを促進する株式会社シナモンに迫る

機械学習で最も便利なマルチツール:埋め込み

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】強化学習を用いて医療におけるリスクの高い状態とその治療法を特定する

MLモデルをより早く本番稼動させる方法

映像とAIの活用が効率的な練習を実現|「運動塾デジタルノート」

あなたにおすすめの記事

スマートチャネル時代の「ヒト」と「AI」のコミュニケーションとは|株式会社トゥモローネット

圧倒的なAI開発技術、領域横断のDXを促進する株式会社シナモンに迫る

機械学習で最も便利なマルチツール:埋め込み

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】強化学習を用いて医療におけるリスクの高い状態とその治療法を特定する

MLモデルをより早く本番稼動させる方法

映像とAIの活用が効率的な練習を実現|「運動塾デジタルノート」