HOME/ AINOW編集部 /DIVE INTO CODE がG検定の模擬問題を無料公開!10月29日に記念セミナーも開催も
2020.10.19

DIVE INTO CODE がG検定の模擬問題を無料公開!10月29日に記念セミナーも開催も

エンジニアスクールを運営する株式会社DIVE INTO CODEは日本ディープラーニング協会(JDLA)が実施する「JDLA Deep Learning for GENERAL(G検定)」の模擬問題を無料公開しました。

また、公開された模擬問題を作成・監修した株式会社デジタルトランスフォーメーション研究所の主任研究員である伊達 貴徳氏によるセミナーも開催されます。

1万人以上が受験するG検定

近年、G検定の受講者数は増加傾向になります。

2017年11月に開催された第1回G検定の受験者数は、約6300人でしたが、2020年7月に実施されたG検定2020#2では、約12,500人と2倍近い人が受験しました。

受験者数の数値を見ても、人気が高まっている資格の一つであると言えます。

▼参考記事
G検定、過去最高の12,552人が受験し8,656人が合格 ー累計合格者は27,377人に

今後もさらに受験者数が増加する見込みがあるため、11月7日にG検定2020#3の試験日が迫ったこのタイミングで、無料の模擬問題が発表されました。

無料で模擬問題を公開したDIVE INTO CODEは、世界トップレベルのエンジニアを目指すエンジニアスクールを運営しています。今回の無料問題の他にも、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会やRails技術者認定試験運営委員会の模擬問題が「DIVE INTO EXAM」で公開されています。

オンラインで受講可能ですので、AI領域の資格に興味がある方はこちらをご覧ください。

G検定の模擬問題の概要と、記念セミナーの概要は以下の通りです。

▼G検定 模擬問題について
ディープラーニング協会合格者推薦図書で、G検定対策書の著者である伊達 貴徳氏が試験の傾向を分析・製作した問題。

受講料:無料
設問数 :リリース時点で計226問からランダムに200問出題

▼記念セミナー開催概要

タイトル:G検定模擬試験 無料公開記念セミナー!対策本 著者伊達氏による受験の心得
日時 :2020年10月29日(木)21時〜22時
場所 :DIVE INTO CODE(東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館) Zoomにてオンライン配信も実施
費用 :無料

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

時価総額3500億円超のAIベンチャー企業、Preferred Networksに迫る

あらゆる産業のDXを推進するACESが3.2億円の資金を調達 – アルゴリズムのライセンス領域の拡大と事業拡大を加速

最先端テクノロジーと活用のヒントを学ぶ「Macnica MET2020」が12/11まで開催中!

ディープラーニングによる自動コーディングのTsunagu.AIが1億円の資金調達を実施

【事例つき】DX戦略とは?戦略成功に導く推進法からロードマップまで

スシロー、AI活用で会計を自動化 ーエッジAIで皿の数を計測

「ごちそうさま。」につながるAI活用 -吉野家が目指す従業員の付加価値向上

AIでM&Aが加速する未来

【リモート開催】AI特化型アクセラレーター「AI.Accelerator」14期デモデイレポート

データ可視化を簡単に始めるための5つの「追加の」オープンソースツール

あなたにおすすめの記事

時価総額3500億円超のAIベンチャー企業、Preferred Networksに迫る

あらゆる産業のDXを推進するACESが3.2億円の資金を調達 – アルゴリズムのライセンス領域の拡大と事業拡大を加速

最先端テクノロジーと活用のヒントを学ぶ「Macnica MET2020」が12/11まで開催中!

ディープラーニングによる自動コーディングのTsunagu.AIが1億円の資金調達を実施

【事例つき】DX戦略とは?戦略成功に導く推進法からロードマップまで

スシロー、AI活用で会計を自動化 ーエッジAIで皿の数を計測

「ごちそうさま。」につながるAI活用 -吉野家が目指す従業員の付加価値向上

AIでM&Aが加速する未来

【リモート開催】AI特化型アクセラレーター「AI.Accelerator」14期デモデイレポート

データ可視化を簡単に始めるための5つの「追加の」オープンソースツール