HOME/ AINOW編集部 /AI人材教育のDIVE INTO CODE、ケニアでプログラミング教育を開始ー現地の医療関連企業と連携
2020.12.18

AI人材教育のDIVE INTO CODE、ケニアでプログラミング教育を開始ー現地の医療関連企業と連携

最終更新日:

エンジニアスクールを運営する株式会社DIVE INTO CODEは、株式会社AfricaScanと提携し、ケニア共和国でプログラミングスクール事業を開始すると発表しました。

アフリカスキャンは、日本でAIを活用した予防医療ビジネスを手がける株式会社キャンサースキャンの子会社です。

アフリカスキャンは、2013年からアフリカ、ケニア共和国において予防医療、ダイエットアプリケーション、医療教育サービスを展開してきました。その過程で、アフリカにおける医療問題の解決には、医療者だけではなく非医療者も積極的に関わる必要があり、その架け橋となるであるITエンジニアの育成がその一助となるといいます。

そこで、日本で唯一アフリカでのプログラミングスクールを展開しているDIVE INTO CODEと提携することとなりました。

DIVE INTO CODE代表の野呂氏はケニアのスタートアップ市場について「ケニアは、アフリカ随一のスタートアップエコシステムを持つ国です。政府がイノベーションの創出と起業家育成のサポートを主導しており、これから多くのITエンジニアが必要とされるでしょう。」と述べ、これからIT技術者を育成していくことの重要性を強く強調しています。

2社はこれからこれからケニアでの医療をはじめとした産業分野で現地の人々のいまだに治療法が見つかっていない疾患に対する医療ニーズを現地で解決できる人材の輩出を目指し、プログラミング教育事業を推進しいくとしています。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

デジタルリテラシー協議会が発足 、JDLAやDS協会が参画|すべてのビジネスパーソンにデジタル教養を

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/04/20更新】

JDLA、高専生支援に向け1億円基金を創設

評価額は6億円|1位は福井高専のエッジAIによる老朽化診断ツール|DCON2021速報

グローバルな事業展開を行うAI開発企業「FRONTEO」の凄さとは?

シナモン創業者の堀田氏がDX戦略の勝ちパターンを解説|戦略デザインのポイントとは

機械学習におけるモデルとは?|モデルの種類や「よいモデル」とは何かについて

AI・データ分析プロジェクトを成功に導く“ビジネス力”とは|組織が陥る落とし穴はここだ!

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/04/12更新】

Word2vecとは|モデルの種類やその仕組み、活用事例まで紹介!

あなたにおすすめの記事

デジタルリテラシー協議会が発足 、JDLAやDS協会が参画|すべてのビジネスパーソンにデジタル教養を

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/04/20更新】

JDLA、高専生支援に向け1億円基金を創設

評価額は6億円|1位は福井高専のエッジAIによる老朽化診断ツール|DCON2021速報

グローバルな事業展開を行うAI開発企業「FRONTEO」の凄さとは?

シナモン創業者の堀田氏がDX戦略の勝ちパターンを解説|戦略デザインのポイントとは

機械学習におけるモデルとは?|モデルの種類や「よいモデル」とは何かについて

AI・データ分析プロジェクトを成功に導く“ビジネス力”とは|組織が陥る落とし穴はここだ!

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/04/12更新】

Word2vecとは|モデルの種類やその仕組み、活用事例まで紹介!