HOME/ DXNOW /【要保存版】優秀なSFAツールを比較!組織にあったツールが見つかる!
2021.01.22

【要保存版】優秀なSFAツールを比較!組織にあったツールが見つかる!

最終更新日:

SFA ツール 比較

SFAツールを導入したくても、SFAツールにはどのようなものがあり、どのようなSFAツールが組織に合うのかという疑問を抱いたことはありませんか?

現在では数多くのSFAツールが存在します。ツールごとにモバイル対応したものや、位置情報がついたものなど、それぞれに特徴があります。

そこで、組織にあったSFAツールを特徴ごとに比較し、組織にあったSFAツールを見つけましょう。

今回は、厳選した優秀な10つのSFAツールを特徴、機能、料金、向いている組織という4つの観点から比較していきます。

SFAツールについて

SFAとは

まず、SFAツールについて説明します。SFAツールとは、Sales Force Autoation の略で、営業支援と訳されます。営業活動を支援するツールで、主にセールスが使います。

SFAを使うことにより、営業活動にかかる時間を短くすることができます。また、営業に関する情報を作成・保存・共有することができます。

SFAの主な機能

SFAの主な機能は2つあります。

1つ目は、営業管理です。

営業活動後に、営業をした日時、相手の名前、住所などの情報を記入、保存します。同じチームの人に共有したり、、過去の履歴、相手の情報を確認してから営業活動が可能となります。

それぞれの商談内容から、営業が上手くいっている人の情報を見ることができ、知識の共有も可能です。

2つ目は、営業活動支援です。
これは、セールスがスムーズに営業するための機能です。具体的には、訪問する日時を記入できるカレンダー機能や、タスクを管理する機能、予定を知らせるアラート機能があります。こうした機能で、営業者はスムーズに営業を行えるほか、タスク漏れ、予定漏れなどのミスを減らすことができます。また、それぞれの営業者の活動を管理できるので、営業者を管理している方は、一元管理できます。

SFA比較のポイント

目標を決める

SFAを導入してなにを達成したいのかを導入する前に決めましょう。

そして、決めた目標に合ったツールを導入しましょう。

例えば、営業後の日報記入時間を30分短縮するという目標があったとしましょう。日報の入力項目が選択式であれば、時間を短縮することができます。

また、モバイル対応しているツールを使うと、移動中でもスマートフォンから情報を入力することができるので、時間短縮につながるでしょう。

金額を決める

導入できる金額を決めましょう。SFAツールは一時的に利用するものではなく、毎日利用します。毎日快適に使えるような機能などをチェックした上で、予算を決め、サービスを選択する必要があります。
また同じサービスでも複数のプランが設けられているケースもあるので注意が必要です。

必要な機能を選ぶ

目標設定、金額が決まったら、必要な機能を選びましょう。基本的機能の他に、目標と金額にあった機能を選びましょう。

SFAツールを特徴、機能、料金ごとに紹介

① Sales Force Assistantシリーズ

サービス名

Sales Force Assistantシリーズ

概要

AI秘書が業務のヌケモレや提案タイミングの顧客を教えてくれるなど、営業活動の援助を行うSFA。
AI秘書のアドバイスに対して、ユーザー各人がフィードバックを与えることで、AI秘書が成長していき、より的確で組織に合わせた営業支援が行なえる。

基本的機能

営業支援機能
訪問準備アシスト
クレーム・ケア・アシスト
ヌケ・モレ予防
スティッキーメモ
サクセスアシスト
他者コンタクト通知
案件進捗漏れ通知
ボトルネックサーチ
名刺Scan
CTI連携
記念日通知機能
ハッピーバースデーお知らせ
創立記念日お知らせ
決算月お知らせ
ゲーミフィケーション機能
キャンペーンダービー
個人目標達成アシスト
BINGO!
キャラ設定・着せ替え
アシスタント育成
エネコイン貯金

特徴

AIによる業務のヌケモレや提案タイミングの顧客を教えてくれるなどのアシスタント機能がある。

料金

無料トライアル あり。30日間
クラウド
月額3500円(顧客深耕)~
オンプレミス
5年利用月額換算 667円(顧客深耕)
※サーバーなどの費用が別途かかります。

どんな人に向いているか

企業規模 大企業
タスクが多い組織、案件が多い組織。

② アクションコックピット

サービス名

アクションコックピット

概要

使いやすさが実現された、低コストで利用でき、営業情報を見える化し、情報共有・モバイル活用で、営業をスピーディーかつパワフルにさせるSFA。

基本的機能

スケジュール
タイムライン
スケジュール共有
コックピット
集計・分析
営業ナビ
予実管理
名刺読み込み
お礼メール
一斉お知らせメール
モバイル対応
ファイル共有
地図機能
商談履歴
コメント機能

特徴

一人月2,000円~という、圧倒的なコストパフォマンスで、乗り換え実績多数
商談記録なら入力は40秒程度で完結する使いやすさ

料金

オンライン無料デモ あり
初期導入費 ユーザー登録費/1名 10,000円(税別)
月額利用料 【BASIC版】 通常アカウント/1名 2,000円(税別)
【案件Premium版】 通常アカウント/1名 3,000円(税別)
見るだけアカウント/1名 500円(税別)
スケジュールアカウント/1名 300円(税別)

どんな人に向いているか

企業規模 問わない
SFAを手軽に導入したい人
社員一人ひとりの営業を見える化して、きめ細やかなサポートを行いたい営業マネージャー

③ WaWaFrontier

サービス名

WaWaFrontier

概要

営業担当者に留まりがちな情報を、共有化することで個人営業から組織営業に転換できる。
手頃な料金・簡単仕様で、初めての方でも気軽に使えるSFA。
基本的機能
コメント機能
簡易日報入力機能
受注予定表
依頼機能
受注確度別受注予定
日報照会
CSV取込・出力機能
担当者別商談管理表
案件照会
顧客面談履歴照会
部門別予算入力
顧客照会
行動分析表
担当別予算入力
(簡易版)
コメント機能
簡易日報入力機能
依頼機能
日報照会
CSV取込・出力機能
案件照会
顧客照会

特徴

手軽な料金で始められる(1IDあたり2,500円+基本料金2,500円)
簡易版であれば、簡単な機能、手軽な料金で、SFA初心者でも始めやすい。

料金

1IDあたり月2,500円+基本料金2,500円
(簡易版)1IDあたり月1,000円+基本料金2,500円

どんな人に向いているか

企業規模 中小企業
SFA導入が初めての人
日報にかける時間を短縮させたい人

④ NICE営業物語Smart3

サービス名

NICE営業物語Smart3

概要

無料の営業支援ツールで、スケジュール管理や営業報告の作成、SNSを利用したグループ間での情報共有が可能なSFA。AppleWatchと連携可能も搭載されているSFA。営業活動の効率化・ノウハウの蓄積が可能。

基本的機能

営業報告作成
手書きメモ&音声メモ
スケジュール管理
営業報告CSV出力
他システムとの連携

特徴

無料で使える(ダウンロード方式)
iOSカレンダー経由で、グーグルカレンダーやExchangeと同期が可能
AppleWatchからスケジュール確認や簡易営業報告の作成ができる(連携が必要)
メールやLINE、EVERNOTEなどのサービスに営業報告を送信できる!

料金

無料

どんな人に向いているか

企業規模 問わない
無料でSFAを使いたい人
アップルウォッチからも日報記入をしたい人
メールやLINEからでも営業報告を共有したい人

⑤ cyzen

サービス名

cyzen

概要

リアルデータを基にモバイルワーク、リモートワークで他部署との連携、顧客データの分析・活用、アクティビティの見える化など、働く上でのさまざまな課題をアジャイルし、爆速経営をするためのSFA。

基本的機能

行動記録
リアルタイムでの業務報告共
写真付きの報告書
位置情報による顧客検索
チャットコミュニケーション
フィードバック
報告フォーマット・業務フロー変更
遠隔指示
勤務状況・残業時間把握

特徴

位置情報を共有できる
リアルタイムでの情報共有が可能

料金

お問い合わせ

どんな人に向いているか

企業規模 問わない
外営業がメインの方
社内で営業することはあまりない方
情報共有にかかる時間を短縮したい方

⑥ JUST.SFA

サービス名

JUST.SFA

概要

UST.SFAは使いやすさを徹底的に追求したユーザーインターフェイスと圧倒的なカスタマイズ性で、SFA活用を強力にサポートSFA。

基本的機能

クラウド
案件管理
モバイル
全文検索(オプション)
顧客管理
スケジュール連携
基幹連携
活動報告
名刺取込(オプション)

特徴

使いやすさが徹底されている
カスタマイズできる
入力されたデータをリアルタイムに集計し、分析軸に合わせたさまざまなチャートで表示。
スムーズなデータの蓄積、分析から営業の勝ちパターンをすばやく見つけだすことができ、個人の成長に加え、営業組織全体の継続成長を強力にサポートできる

料金

お問い合わせ

どんな人に向いているか

企業規模 小、中、大企業
SFAを使うのが初めての人
自社でカスタマイズし、自社流のツールが使いたい人

⑦ ネクストSFA

サービス名

ネクストSFA

概要

プログラミング技術不要で多くの組織に合わせたカスタマイズが可能で、使いやすいSFA

基本的機能

ネクストSFA機能一覧
案件管理機能
受注管理機能
行動管理機能
データ分析機能
マイページ機能
アプローチ管理
名刺管理ツール連携
日報・週報・月報
メール一括配信
会計ソフト連携
Googleカレンダー連携
Gmail連携
セールスマップ連携
Microsoft Outlook連携
CTIツール連携
代理店管理

特徴

リードソース管理から案件管理まで一貫した営業管理ができる
サポート体制の充実化により定着率は96.3%(※2020年上半期実績)

料金

初期費用無し
基本利用料 月50,000円
10名以上利用の場合、1ユーザーあたり月4,000円
無料体験あり

どんな人に向いているか

企業規模 小企業
営業情報をわかりやすくして、営業情報を管理する時間を短縮したい人

⑧ LaXiTera

サービス名

LaXiTera

概要

営業活動報告の登録、顧客情報のメンテナンスが楽にでき、システム操作に慣れるのに時間がかからないSFA。
基本的機能
顧客管理
日報管理
案件管理
コミュニケーション
問い合わせ・FAQ管理
管理者機能

特徴

シンプルな構成、導入が楽
コミュニケーションツール搭載で、チーム内の意思疎通を活性化できる

料金

1ヶ月無料お試しキャンペーンあり(2020年11月時点)
利用料金はお問い合わせ

どんな人に向いているか

楽にSFAを導入、使用したい人
コミュニケーションツールで、チームを活性化させたい人

⑨ eセールスマネージャー

サービス名

eセールスマネージャー

概要

簡単に記入するだけで自動アウトプットできるSFA
オンラインでもオフラインでも行動をアシストし、営業やレポーティング工数を最小限にでき、リモートワークでも営業工数が最小限で行える。

基本的機能

営業支援
案件管理
日報管理
顧客情報管理
タイムライン

特徴

「営業」の分野に科学的アプローチで挑んできた日本の企業・ソフトブレーンが開発
日本の営業を知り尽くした、“営業のプロ”が開発した純国産
使いやすさ・フォローアップ体制に自身

料金

スタンダード月¥6,000~/1ユーザーあたり
ナレッジシェア(閲覧のみ)月¥2,000~/1ユーザーあたり
スケジュールシェア(グループウェアのみ)月¥1,000~/1ユーザーあたり

どんな人に向いているか

企業規模 問わない
事業による成長を目的としてSFAを導入する人

⑩ グルーフォース980

サービス名

グルーフォース980

概要

セールス経験者が営業マンに必要な機能を優先に掲げ、トップ画面もスケジューラーから操作できるようにした、構成がシンプルなSFA

基本的機能

顧客管理機能
自動日報機能
スケジュール管理機能
商材管理機能
顧客ブックマーク・閲覧履歴機能
顧客・案件・活動検索機能
行動プロセス
案件管理機能
活動コメント機能
ファイル共有機能
受注予定管理機能
携帯機能
周辺サーチ機能
活動メモ
活動管理機能
メッセージ機能
ポータル機能
アラート機能
顧客ポータル機能
レポート機能

特徴

無料で始められる
オンラインで繋がっているPC環境、携帯で始められる
数十名~中規模の中堅企業向けにつくられている

料金

2ID まで無料
3ID目~¥980/1ID

どんな人に向いているか

企業規模 スタートアップ企業、小規模、ベンチャー企業

まとめ

組織にあったSFAツールを探す場合、目標、金額、必要な機能を決めて選別しましょう。SFAツールを活用することによって、営業にかかる時間を短縮したり、商談成功率を上げることができます。

しかし、目的に合わない機能が多くついたツールや、使いこなせないツールはかえって作業に時間がかかってしまうなど、マイナスになってしまいます。

組織にあったSFAツールを活用して、営業活動を効率化し、営業成功率を上げましょう。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面