HOME/ AINOW編集部 /フューチャーアーキテクト、エッジAIソリューションを提供開始
2022.09.03

フューチャーアーキテクト、エッジAIソリューションを提供開始

最終更新日:

フューチャー株式会社の主要事業会社であるフューチャーアーキテクト株式会社は、AIやIoT、ARを活用し、スマートフォンなどの小型端末から手書きの日本語やバーコードに加え、賞味期限、型番、製造番号などの商品情報を瞬時に読み取る、エッジAIソリューションを2022年10月より提供開始します。

今回提供するのは、「EdgeAI-OCR」と「AI検品ソリューション」です。ともに学習済AIモデルを端末に搭載することで、端末内臓のカメラで撮影したデータをAIが解析します。

「EdgeAI-OCR」は、書類や伝票をスマートフォンやハンディーターミナルなどの携帯端末で撮影するだけで、その場で即時にデータ化できるソリューションです。書類・伝票をスキャニングすることによって、データ入力する手間が省け、業務の省力化・迅速化を実現します。また、用紙を丸ごと撮影すれば、フューチャーアーキテクト独自のエッジAI技術により漢字、ひらがな、カナ、英数字など様々なフォントの活字に加えて、手書き日本語も高精度の読み取りが可能です。

「AI検品ソリューション」は、通常のバーコードによる検品に加えて、従来は難しかった賞味期限などの商品情報をまとめて読み取れます。スマートフォンを固定して利用する「固定タイプ」(※1)は、指定位置にあるパレットを自動で物体検知し、積み付け個数も読み取るため、入荷予定を管理するWMS(Warehouse Management System)と連係させれば検品作業の自動化が可能です。「ハンディタイプ」は、ハンディーターミナルと同等のバーコードの認識性能に加えて、型番、製造番号など任意の文字列を自動検出します。「固定」と「ハンディ」を使い分けることで様々なシーンで活用できるほか、物流における入出荷や在庫管理など一連の倉庫業務だけでなく、小売・流通等の現場作業でも効率化が図れます。

(※1)「固定タイプ」のサービス提供は2023年1月を予定しています。

 

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ノーコードでAIに挑戦!AIプラットフォーム「AIMINA」を活用し農業の課題解決に向けたAI利活用授業レポート|SB C&S株式会社

Google、AIが生成したコンテンツのランキングを破壊

曖昧なファッションの表現をAIが自動で解釈する技術を開発|早稲田大学・株式会社ZOZO 共同研究

世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設

あなたにおすすめの記事

ノーコードでAIに挑戦!AIプラットフォーム「AIMINA」を活用し農業の課題解決に向けたAI利活用授業レポート|SB C&S株式会社

Google、AIが生成したコンテンツのランキングを破壊

曖昧なファッションの表現をAIが自動で解釈する技術を開発|早稲田大学・株式会社ZOZO 共同研究

世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設