HOME/ AINOW編集部 /『Support DX Summit 2022』ノミネート企業6社が決定
2022.09.26

『Support DX Summit 2022』ノミネート企業6社が決定

最終更新日:

カスタマーサポート業界のデジタル化を推進する、一般社団法人サポートデジタル協会(略称:SDI)が、2022年10月11日(火)に開催するデジタルチャネルを活用した革新的なサポート体験を表彰するイベント「Support DX Summit 2022」にて、最終審査に登壇するノミネート企業が確定しました。

ノミネート企業はSDIが厳正な審査をもって推薦した企業6社となっており、本イベント開催当日にプレゼンターとして登壇し、最終審査に臨むこととなります。

Support DX Summit 2022とは?

一般社団法人サポートデジタル協会(Suppot DX Initiative)では、カスタマーサポート業界のDX推進をリードする企業、有志が集まり、先進的なDX事例の共有やディスカッションを行っています。

第2回となる本イベントは、前回のノミネート方式とは異なり、2022年6月1日(水)より一般公募でデジタルチャネルでの顧客体験向上に取り組む企業様を募集します。 

審査員は昨年と同様にカスタマーサポート業界を牽引する先進企業やカスタマーサクセスの第一線で活躍をする方々の他、クリエイティブやビジネスにおける有識者の方々をお迎えし、多角的に審査いただきます。

カスタマーサポート業界はクレームや苦情窓口、コストセンターという印象が依然として強く、評価軸も『コスト削減』『KPIの向上』などの数値改善を重視されているのが現状です。

顧客への体験を与えるだけではなく、企業評価やブランドイメージにも直結する重要な接点であるカスタマーサポートの本来の立ち位置の重視に加えて、デジタルチャネル活用において「すごい!」「便利!」という技術・デザイン・利便性の視点はもちろん、「かっこいい!」といった楽しさや驚きの視点を加えた、3つの評価軸を設けています

ノミネート6社と基調講演の登壇者が決定

Support DX Summit 2022は、『サポートの”あたらしい”はここから始まる』をコンセプトに、ユーザーと企業のギャップを埋め、新たなサポート体験を提供する企業の取り組みにスポットライトを当てています。昨年度に引き続き、デジタルチャネルを通じて素晴らしい顧客体験を提供している企業として、Support DX Summit選定委員会にてノミネート企業6社を選定いたしました。

当日は以下の6社が最終審査に臨み、プレゼンターとして登壇します。ノミネート企業各社のカスタマーサポートにかける素晴らしい取り組みにぜひご注目ください。

  • アソビュー株式会社

観光・レジャー・文化施設で並ばずに入場できる電子チケットシステムを提供しています。「新しい顧客体験」の実現のため、チャットボットとCRMを連携し、お客様を待たせることなくリアルタイムに解決できるカスタマーサポート体制の構築を成功させました。

  • 株式会社バニッシュ・スタンダード

バニッシュ・スタンダードが提供している「STAFF START」は、店舗に所属するスタッフをDX化し、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にするStaff Techサービスです。スタッフの投稿を通じて達成されたEC売上は可視化され、スタッフ個人や所属する店舗の実績として評価に利用されています。

  • ビッグローブ株式会社

インターネットサービスプロバイダーのビッグローブでは、幅広いオムニチャネルの顧客サポートを提供しています。電話以外では難しいとされていた「リテンション」の対応を顧客心理に寄り添ったコミュニケーション設計により、チャットサポートで実現させました。

  • 株式会社マネーフォワード

面倒な経費に関する作業を、大幅に削減可能なクラウド型経費精算システムを提供しています。マネーフォワードが提供しているシステムでは、Eラーニングプログラムで経理担当者が場所や時間にとらわれずに学習が可能です。導入時に企業の業務整理などのサポートも行っており、「業務の標準化」も実現させました。

  • 三菱地所レジデンス株式会社

デジタルツインの住人がルームツアーの案内人として、モデルルーム「SUPER MODEL ROOM」の「こだわりの暮らし」を紹介します。サイバーエージェントと協力し、7月28日から“デジタルツイン”の冨永愛さんが入居する、新築分譲マンション「ザ・パークハウス」の仮想空間「SUPER MODEL ROOM」の特設サイトをオープンしました。ルームツアー中は案内人にライフスタイルについての質問やコメント投稿ができます。

  • 株式会社みんなの銀行

デジタルネイティブ世代の使いやすさを追求したシンプルで直感的に操作できるスマートフォン完結の銀行(国内初のデジタルバンク)を設立しました。

 

また、ノミネート企業のプレゼン後の基調講演では株式会社Gaudiy跡部氏が、Web3.0時代の『ファンコミュニティ』が果たすカスタマーサポートをテーマに登壇します。

株式会社Gaudiy跡部氏

 

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ノーコードでAIに挑戦!AIプラットフォーム「AIMINA」を活用し農業の課題解決に向けたAI利活用授業レポート|SB C&S株式会社

Google、AIが生成したコンテンツのランキングを破壊

曖昧なファッションの表現をAIが自動で解釈する技術を開発|早稲田大学・株式会社ZOZO 共同研究

世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設

あなたにおすすめの記事

ノーコードでAIに挑戦!AIプラットフォーム「AIMINA」を活用し農業の課題解決に向けたAI利活用授業レポート|SB C&S株式会社

Google、AIが生成したコンテンツのランキングを破壊

曖昧なファッションの表現をAIが自動で解釈する技術を開発|早稲田大学・株式会社ZOZO 共同研究

世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設