HOME/ AINOW編集部 /京王電鉄、ReGACY Innovation Groupがfindと共同でAIを活用したお忘れ物検索サービスの実証実験を開始
2023.01.10

京王電鉄、ReGACY Innovation Groupがfindと共同でAIを活用したお忘れ物検索サービスの実証実験を開始

最終更新日:

京王電鉄株式会社とReGACY Innovation Group株式会社(以下、ReGACY)は、株式会社findと共同で、2023年2月1日から「落とし物クラウドfind」による京王電鉄のお忘れ物取扱業務における実証実験を開始します。

「落とし物クラウドfind」について

背景

今までは、駅施設や電車内で預かっていたお忘れ物についてのお問い合わせ対応を、電話や対面で受け付けていましたが、情報確認や照合までに時間がかかるという課題を抱えていました。

今回の実証実験は、落とし主のお忘れ物照会にかかる利便性向上と、係員のお忘れ物取扱業務における業務軽減を目的として、チャットによるお問い合わせ対応とAIによる自動照合を行い、京王線沿線のお忘れ物を検索するものです。

概要

落とし主の「駅に連絡するだけでも大変」「探したくても見つからない」という悩みや不安を、テクノロジーの力によって解決するサービスです。お忘れ物対応・管理を行う駅や商業施設等が導入することで、社内の業務効率化、並びに利用者の満足度向上に貢献します。

実証実験期間

2023年2月1日9時~2023年4月30日22時
※日時は変更になる可能性があります

利用時間

平日・土日祝 9:00~22:00
※22:00~9:00は自動受付のみになります

利用方法

  1. findのLINE公式アカウントを追加
    「find」LINE公式アカウントを友達追加すると、お忘れ物に関するお問い合わせが可能になります。
  2. Webフォームにお忘れ物情報を入力
    お忘れ物の特徴や落としたと考えられる時間、場所などを入力します。
  3. findのサポートセンターがお忘れ物を検索
    ご入力いただいた内容に基づいて、サポートセンターが該当していそうなものがあるか探します。
  4. 見つかったお忘れ物は京王線・井の頭線の駅やお忘れ物取扱所にて受け取る
    お忘れ物を受け取る際には、公的証明書が必要です。

対象品目

京王線・井の頭線の駅施設や電車内でお預かりしたお忘れ物

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

あなたにおすすめの記事

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ