HOME/ AINOW編集部 /rinna、オープンソースの日英バイリンガル大規模言語モデルを公開
2023.08.08

rinna、オープンソースの日英バイリンガル大規模言語モデルを公開

最終更新日:

rinna株式会社は2023年7月31日、日本語と英語のバイリンガル大規模言語モデルをオープンソースで公開した。これにより、日本語と英語の両方に対応したテキスト生成が可能となる。

OpenAIによるGPTシリーズの進化に伴い、rinnaは2021年4月より日本語に特化したGPTやその他のモデルの公開を続けてきた。今回公開されたモデルには、40億のパラメータを持つバイリンガルGPTや、長いテキスト入力が可能なモデル、さらにはテキストと画像の両方を入力できるマルチモーダルモデルが含まれる。

本モデルの学習データの割合は英語56%、日本語33%、ソースコード11%で構成されている。また、長いテキスト入力が可能なモデルとして入力上限が2048トークンから最大8192トークンに拡大した。

本モデルは、商用利用可能なライセンスでオープンソースとしてHugging Faceプラットフォームに公開されており、研究者や開発者が自由に利用することが可能だ。

今後、rinnaは本モデルのさらなる大規模化や、画像だけでなく音声を入力とするマルチモーダルモデルの研究・開発を進めるとのこと。さらに、AI技術の社会実装を加速させるため、幅広いパートナーシップの募集も行われる予定だ。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」ブース&「ChatGPT-4o」セッションレポート

あなたにおすすめの記事

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」ブース&「ChatGPT-4o」セッションレポート