HOME/ AINOW編集部 /rinna、オープンソースの日英バイリンガル大規模言語モデルを公開
2023.08.08

rinna、オープンソースの日英バイリンガル大規模言語モデルを公開

最終更新日:

rinna株式会社は2023年7月31日、日本語と英語のバイリンガル大規模言語モデルをオープンソースで公開した。これにより、日本語と英語の両方に対応したテキスト生成が可能となる。

OpenAIによるGPTシリーズの進化に伴い、rinnaは2021年4月より日本語に特化したGPTやその他のモデルの公開を続けてきた。今回公開されたモデルには、40億のパラメータを持つバイリンガルGPTや、長いテキスト入力が可能なモデル、さらにはテキストと画像の両方を入力できるマルチモーダルモデルが含まれる。

本モデルの学習データの割合は英語56%、日本語33%、ソースコード11%で構成されている。また、長いテキスト入力が可能なモデルとして入力上限が2048トークンから最大8192トークンに拡大した。

本モデルは、商用利用可能なライセンスでオープンソースとしてHugging Faceプラットフォームに公開されており、研究者や開発者が自由に利用することが可能だ。

今後、rinnaは本モデルのさらなる大規模化や、画像だけでなく音声を入力とするマルチモーダルモデルの研究・開発を進めるとのこと。さらに、AI技術の社会実装を加速させるため、幅広いパートナーシップの募集も行われる予定だ。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

AIが生成したコンテンツを自分のサイトで公開して学んだこと

あなたにおすすめの記事

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

AIが生成したコンテンツを自分のサイトで公開して学んだこと