HOME/ AINOW編集部 /プロダクトデザインのタスクにBing Chatを使用する
2023.11.14

プロダクトデザインのタスクにBing Chatを使用する

最終更新日:

著者のニック・バビッチ(Nick Babich)氏はイスラエル在住のプロダクトデザイナーで、AINOWでは同氏のいくつかの記事を紹介していました(同氏の詳細は同氏公式サイトを参照)。同氏がMediumに投稿した記事『プロダクトデザインのタスクにBing Chatを使用する』では、Microsoftが提供しているBing Chatをプロダクトデザインに活用する事例が紹介されています。
ChatGPTに比べて知名度が高くないBing Chatに関して、バベッチ氏はその長所と制限事項をまとめたうえで、プロダクトデザインに活用する事例として以下のような10項目を挙げています。

プロダクトデザインにおけるBing Chatの10の活用法

活用方法

具体例

プロダクトのアイデアの提案 フードデリバリーアプリの主要機能を提案してもらう
SWOT分析を行う Uber EatsのSWOT分析を実行して、その結果を出力する
ユーザペルソナの作成 「健康的な食事をしたいが、料理をする時間がない中年サラリーマン」というユーザのペルソナを作成する
ペインポイントの特定 フードデリバリーアプリにおける一般的なペインポイントを出力する
オンボーディングのアイデアの提案 フードデリバリーアプリのオンボーディングフローを提案してもらう
競合分析 フードデリバリーサービスの競合分析を実行し、その結果を出力する
市場予測 ゴーストキッチン業の成長予測レポートを出力する
指標とKPIの提案 フードデリバリーアプリの成功を判断するための指標を提案してもらう
法律や規制の調査 アメリカにおけるフードデリバリー業界の規制を教えてもらう
図表の理解と加工 フードデリバリーアプリの一覧表から無料配達を提供している業者のリストを生成する。

対話型AIに関してはChatGPTが多くのユーザを獲得していますが、Bing ChatやGoogle Bardといった競合AIの動向にも注目すべきでしょう。

なお、以下の記事本文はニック・バビッチ氏に直接コンタクトをとり、翻訳許可を頂いたうえで翻訳したものです。また、翻訳記事の内容は同氏の見解であり、特定の国や地域ならびに組織や団体を代表するものではなく、翻訳者およびAINOW編集部の主義主張を表明したものでもありません。
以下の翻訳記事を作成するにあたっては、日本語の文章として読み易くするために、意訳やコンテクストを明確にするための補足を行っています。

このツールを最大限に活用する10の実践事例

私が驚いているのは、ChatGPTがおおいに注目される一方で、Bing Chatについてほとんど語られていないことだ。Bing ChatではGPT-4モデルに無料でアクセスできる。また、Microsoft Edgeのサイドバーとしても利用できるため、このツールを使って(特定のウェブページなど)のコンテキスト情報を分析することも可能だ。

この記事では、プロダクトデザイナーがどのようにBing Chatを使用できるかについてのアイデアを共有する。まずはこのツールの利点と限界の両方について説明し、読者諸氏のデザインプロセスに役立つ10の具体的なプロンプトを共有する。

Bing Chatが私たちを助けてくれること

Bing Chatはマルチモーダルツールであり、テキストや画像を生成できる。GPT-4モデル(そう、ChatGPT Proが使っているのと同じモデルだ)とDalle-3画像ジェネレーターのパワーを使い、AIビジョン機能を提供することで、AIを使って図表などの画像を分析できる。

Bing ChatにはChatGPTと比較して重要な利点が1つある ― 特定の情報についてのソースへのリンクを見れるのだ。つまり、何の参照もなしに応答するChatGPTでは、我々はその応答を信用するか、さもなければ検索エンジンに行って手動で検証しなければならないのだが、Bingはこうした手間を実行してくれる。また、さらなる分析に役立つリソースのリストも用意されている。

Bing Chatによって生成された応答

このツールのもう一つの素晴らしい点は、チャットボットとの会話のスタイルを選択できることだ。目的に応じて、より創造的にすることも、より厳密にすることもできる。創造的なオプションを選択するとツールに応答方法に関する自由度を与えるので、AIが結果を提供する際に、あなたのプロンプトだけが参照として使用される可能性が高い。

チャットを始める前に会話スタイルを選択する。

Bing Chatの制限事項

Bing Chatでは、プロンプトの文字数に制限がある。プロンプトを入力できるのは2000文字までで、これは小さなテキスト文書のサイズに相当する。つまり、基本的には数段落のテキストを送信し、Bingに分析を依頼できる。

このツールが持つもう一つの重要な制限は、1セッションあたりのリクエスト数だ。1回のセッションで最大5つの質問が可能である。これは何を意味するのか。つまり、チャットが終了する前に、さらに4つのフォローアップの質問ができるということだ。5つ以上の質問をする必要がある場合は、Bingとの別のセッションを開始する必要がある。

リクエスト数が限界に達したBing Chat画面

プロダクトデザイナーはこのツールをどのように使えるか

私は通常、リサーチの最初のステップを素早く進めるためのアシスタントとして、Bing Chatをプロダクトリサーチに使っている。

以下が、私がプロダクトリサーチに役立ったと思ったプロンプトのコレクションである。

1. プロダクトのアイデアを出す

Bingに特定のタイプのプロダクトデザインのアイデアを出してもらえる。私の場合は、フードオーダーアプリのアイデアを出してもらった。

フードデリバリーアプリのための5つの新しいプロダクトのアイデアを生成して

Bing Chatが提供する回答

(※訳註1)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
以下にフードデリバリーアプリの新商品アイデアを5つご紹介します。
  1. 食事計画:ユーザが1週間の食事計画を立て、必要な食材を一度に注文できる機能。また、食事の好みや制限にもとづいてレシピを提案できる。
  2. グループオーダー:グループ単位で注文できる機能。オフィスのランチや家族の夕食に便利。
  3. バーチャルキッチン:在宅料理人がアプリを通じて料理を販売する機能。ユーザは地元の在宅料理人のメニューを閲覧し、配達を注文できます。
  4. 食品廃棄物の削減:通常であれば廃棄されてしまうようなレストランからの食事を割引価格で注文できる機能。これにより、食品廃棄を減らし、ユーザに手頃な価格で食事を提供できます。
  5. インタラクティブな料理教室:アプリを通じて料理教室に参加できる機能。ユーザはプロのシェフや在宅料理人から新しいレシピや調理テクニックを学べます。

これらのアイデアが、あなたのインスピレーションを刺激する一助となれば幸いです!

ご覧のように、Bingは、食品廃棄物の削減やインタラクティブな料理教室のようなイベントを含む、興味深いアイデアのリストを生成する。プロダクトクリエイターにとっては間違いなく役立つ情報だ。

2. SWOT分析を行う

SWOT分析とは、強み、弱み、機会、脅威(Strengths, Weaknesses, Opportunities, Threats:これらの単語の頭文字を取ると「SWOT」になる)の4つのセクションからなるマトリックスを作成することである。マーケティングやプロダクトデザインにおける基礎的なツールで、プロダクトの強みと弱みを評価できる。

Uber EatsのSWOT分析を行って

もう一度言うが、Bingはすべての主要な記述を特定のリソースへのリンクでサポートしている。そして、私たちがそのトピックを学ぶために訪れることができる有用なリソースのリストを提供している。

Bing ChatによるSWOT分析

(※訳註2)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
Uber Eatsとは、モバイルアプリケーションを通じて消費者とレストラン、配達ドライバーをつなぐフードデリバリープラットフォーム。カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く多国籍ライドヘイリング企業、Uber Technologies社の子会社。以下は、Uber EatsのSWOT分析です。

強み
  1. ブランド認知度:Uber Eatsは、親会社であるUberの強いブランド認知から利益を得ています。消費者のUberブランドに対する信頼と信用が、Uber Eatsプラットフォームのユーザ導入を促進します。
  2. 広範なネットワーク:2021年現在、Uber Eatsは世界中の何千もの都市で展開しています。この幅広いネットワークにより、顧客はさまざまなレストランや料理にアクセスでき、レストランは大規模な顧客ベースにアクセスできます。
  3. テクノロジー:Uber Eatsは配達効率を高めるルーティング・アルゴリズムや、レストランとドライバーに対する強固な評価システムなど、Uberの技術インフラを活用しています。

弱み

  1. 独立請負業者への依存:同社は、契約ベースで働く独立系配達ドライバーに依存しているため、ドライバーの不満や提供されるサービスの品質に対する限定的なコントロールに関する問題の影響を受けやすいです。
  2. 競争の激しさ:フードデリバリー市場は競争が激しく、グラブハブ(Grubhub)、ドアダッシュ(DoorDash)、ポストメイツ(Postmates)など多くの既存プレイヤーが存在します。

3. ユーザペルソナの作成

ChatGPTやBing ChatのようなAIツールを使う際の課題の1つは、ツールがあなたの意図を理解できないことがあることだ。

健康的な食事をしたいが、料理をする時間がない中年サラリーマンのユーザペルソナを作成して

私のプロンプトに対してBing Chatが生成した応答

(※訳註3)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
健康的な食事はしたいが、料理をする時間がない中高年のサラリーマンは忙しいものです。たとえ時間が限られていても、健康と栄養を優先させることが大切です。そのためのヒントは、以下の通りです。
  1. 前もって計画を立てましょう:週末や休みの日に、1週間分の食事の計画を立てましょう。時間がないときに不健康な食事を選ばないようにするのに役立ちます。
  2. 食事の下ごしらえ:事前に食事の下ごしらえをして、冷蔵庫や冷凍庫に保存しておきましょう。こうすることで、平日の時間を節約し、ヘルシーなメニューを確保できます。
  3. ヘルシーなスナックを選びましょう:果物やナッツ、野菜など、ヘルシーなスナックをデスクやバッグに入れておきましょう。自動販売機などの不健康なものを避けられます。
  4. 外食は賢く選びましょう:外食するときは、サラダ、グリルした魚や皮なしチキン、野菜中心のメイン料理など、ヘルシーなメニューを提供しているレストランを選びましょう。また、ハーフサイズを頼んだり、食べ残しを持ち帰ったりするのもよいでしょう。
  5. 食事の宅配サービスを利用しましょう:食事の宅配サービスは、すぐに食べられる健康的な食事を提供可能です。いくつかのサービスは、あなたの食事のニーズにもとづいてカスタマイズされた食事プランを提供しています。

以上の結果をうけて、あなたの目標を明確にし、適切な回答を受け取るために、フォローアップの質問を書く必要がある。

この情報を使って、プロダクトデザインに使えるペルソナを作って

この場合、私は達成したいことを明確に示すフォローアップのプロンプトを書かなければならなかった。そして、Bingが私のためにペルソナを生成してくれた。非常に興味深いことに、実際のペルソナの説明は2つ目の回答の最後にある。

Bing Chatによって生成されたペルソナの説明

(※訳註4)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
健康的な食事をしたいが、料理をする時間がない中年サラリーマンのユーザペルソナを作成するには、以下のステップを踏んでください。
  1. リサーチの実施:ターゲットとなるユーザの属性、ライフスタイル、食習慣などのデータを収集します。
  2. ゴールとペインポイントの特定:ユーザが何を達成したいのか、そしてその目標を達成するためにどのような問題に直面しているのかを特定します。例えば、健康的な食事をしたいが、料理をする時間がないなど。
  3. ペルソナの作成:収集したデータを使って、ターゲットユーザを代表する架空の人物を作成します。名前、年齢、職業、その他関連する詳細をペルソナに与えます。
  4. 行動と嗜好の概要:ペルソナが食に関してどのような行動をとり、何を好むかを記述します。例えば、ペルソナはヘルシーで手軽な食事を好むかも知れません。
  5. 機会の特定:ペルソナを使用して、ターゲット層のニーズを満たすプロダクトデザインに関する機会を特定します。例えば、すぐに食べられる健康的な食事を提供する食事宅配サービスをデザインできます。
  6. テストと改良:実際のユーザを使ってプロダクトデザインをテストし、そのフィードバックにもとづいて改良します。

以下は、健康的な食事をしたいが料理をする時間がない中年サラリーマンのユーザペルソナの例です。

名前:サラ(Sarah)年齢:45歳 職業:マーケティングマネージャー 目標:調理に時間をかけずに健康的な食事をすること ペインポイント:仕事の都合で時間が限られている 行動:手早く簡単なものが好き

4. ユーザのペインポイントを学ぶ

プロダクトドメインに関する洞察を収集する方法は2つある。(SWOT分析のためにUber Eatsを挙げたときのように)特定のプロダクトを挙げるか、プロダクトのカテゴリーを指定するかだ。そして、ペインポイント(※訳註5)について学ぶとなると、カテゴリー全体を指定する方が良いと思う。

(※訳註5)ペインポイントとは、ユーザがお金を払ってでも解決したいと思っている問題のこと。ペインポイントの解決は、新プロダクトの着想や既存プロダクトの改善につながる。

フードデリバリーアプリにおける最も一般的な顧客のペインポイントは何か?

フードデリバリーアプリの最も一般的なペインポイントに関するBingの回答

(※訳註6)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
First Orionが行った調査によると、宅配注文に問題があった消費者の79%が、問題解決のための電話連絡を望んでいます。また、93%が10分以内に問題が解決することを望んでいます。この調査ではまた、62%の消費者が宅配注文業者の電話番号を知らなかったために、注文した食品に関連する電話に出なかったことも明らかになりました。81%が、知らない番号からかかってきた場合、誰からかかってきたかわかるように名前を名乗ることが「とても重要」または「非常に重要」であると回答しています。

配達の遅れ(50%)、間違った注文(37%)、冷めている/新鮮でない料理(36%)は、顧客から苦情が寄せられる最も一般的な問題です。その他の問題としてはドライバーが顧客の指示を必要としている(33%)、食べ物が届かない(26%)、ドライバーの態度が悪い(14%)などがあります。

Bingは、特定のソースからの統計データを用いて非常に詳細な回答を提供した。

5. オンボーディングのアイデアを生成する

Bingの素晴らしいところは、質問に答える際に現在のセッションの情報をすべて使用することだ。

フードデリバリーアプリの新規ユーザのためのオンボーディングフロー(※訳註7)を作成して

(※訳註7)オンボーディングフローとは、通常は新規メンバーが組織に馴染むまでに施す教育プログラムのことを指す。しかし、この記事では任意のプロダクトの新規ユーザが、そのプロダクトの基本を理解するまでのユーザエクスペリエンスのことを意味している。

Bingは、レスポンスを生成する前に、セッション内のすべての以前のリクエストを分析する

例えば、ここでBingは、私たちが以前にペルソナを作成したことを知っていることがわかる。それゆえ、最終的な目標もある程度はわかっている。

フードデリバリーアプリのオンボーディングに関する提案。

(※訳註8)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
フードデリバリーアプリの新規ユーザのためのオンボーディングフローを作成するためのヒントは以下のとおりです。
  1. 魅力的なウェルカム画面の作成:ウェルカム画面では、できるだけ少ない言葉でアプリの価値提案を伝えるべきです。ウェルカム画面にテキストを詰め込みすぎないようにしましょう。USP(Unique Selling Proposition:独自の「売り」)を伝えることと、ユーザがアプリをいじってみたくなるような期待感を持たせることのバランスを取るようにしましょう。
  2. プッシュ通知のオプトインを促す:アプリの初回起動時に、ユーザがプッシュ通知を有効にすべき理由を説明しましょう。プッシュ通知を有効にすると、フードテックアプリのユーザエンゲージメントが80%以上向上します。ユーザ維持率は90日間で約2倍になります。
  3. 安全な位置情報アクセス:初めてアプリを利用するユーザには、長期的にどのようなメリットがあるかを説明し、位置情報の共有を許可するよう促しましょう。
  4. 短く、シンプルに、スピーディーに:フードテック業界は、即座に満足感を得られることが原動力です。お腹を空かせた人々は、食べ物を待つのが好きではありません!ですから、あなたのアプリの理想的なオンボーディングフローを作るには、3つのSの原則に従いましょう。その原則とは「短く、シンプルに、スピーディーに」(Short, Simple, and Speedy)です。
  5. プロダクトツアーで新しいユーザにアプリケーションのインターフェイスを紹介し、慣れてもらいましょう:アプリ内メッセージでプロダクトの主な利点を紹介しましょう。新規ユーザにアプリの使い方を教えましょう。そして新規ユーザのアカウント設定と登録をすべて完了させます。
  6. テストと改良:実際のユーザを使ってオンボーディングフローをテストし、フィードバックにもとづいて改良します。

ここでもBingがソースへの参照も提供しているという事実が、オンボーディングに関する推奨をより信頼性の高いものにしている。

6. 競合分析

Bingは、情報を特定の方法で構成できる。例えば、主要な競合他社との関連表を作成できる。

Uber Eatsと主な競合他社との製品比較表を作成して

Bing Chatを使用した競合分析

この表は簡単にExcelにエクスポートでき、この表で言及されているほとんどのデータポイントには元の情報源へのバックリンクが付いている。

7. 市場予測を作成する

Bingは検索エンジンであり、インターネットに接続しているため、最新の情報を持っている。こうした理由により、市場予測やトレンド予測などに安心して使えるのだ。

今後10年間のゴーストキッチン業(※訳註9)の予測成長率は?

(※訳註9)ゴーストキッチン業とは、調理と料理の配達に特化した飲食業態のこと。店舗があるものも接客しないので、ホールスタッフや内装に要する費用を節約できる。この業態は、コロナ禍になって注目されるようになった。

Bing Chatが作成したダークキッチンの市場予測

(※訳註10)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
Future Market Insightsのレポートによると、世界のゴーストキッチン市場は2019年に431億ドルと評価され、2027年には714億ドルに成長すると予想されています。テクノロジーの台頭とモバイルフードデリバリーアプリ、特にCOVID-19の流行がゴーストキッチンの成長を可能にしました。テイクアウト市場は2032年までに4兆500億ドルに成長すると予想され、2022年に報告された2兆1,990億ドルのほぼ2倍となります。

今後10年間の具体的な予測は見つかりませんでしたが、現在の軌跡とフードデリバリーサービスの人気の高まりを考えると、ゴーストキッチン市場は今後も成長し続けると考えてよいでしょう。

8. 指標とKPIを提案する

新しいプロダクトを作るとき、実際のデザインプロセスを開始する前に、主要な指標を前もって定義する必要があるだろう。そして、Bing Chatはこうしたタスクも助けてくれる。

フードデリバリーアプリの成功をどのように測れるだろうか?

Bing Chatによって提案されたフードデリバリーアプリに関する指標とKPI。

(※訳註11)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
フードデリバリーアプリの成功を測定するために使用できるいくつかの指標があります。最も一般的なものを以下にいくつかご紹介します。
  1. 配達時間:この指標は、フードデリバリー事業者が注文を受けてから配達されるまでの、注文を完了するのにかかる時間を測定します。この指標は、注文が入ってから配達が完了するまでの合計時間として計算されます。
  2. 配達成功率:この指標は、時間通りに顧客に配達された注文の割合を測定します。
  3. 顧客満足度:この指標は、顧客がフードデリバリーサービスにどの程度満足しているかを測定します。アンケート、評価、レビューによって測定できます。
  4. 注文から配達開始までの時間:この指標は、フードデリバリー事業者が注文を受けてから配達を開始するまでにかかる時間を測定します。
  5. デリバリーパートナー数:この指標は、フードデリバリー事業者が持つデリバリーパートナー数を測定します。デリバリーパートナーが多ければ多いほど、より多くの注文に対応できます。
  6. 注文数:この指標は、フードデリバリー事業者が一定期間内に受け取る注文の合計数を測定します。
  7. 平均注文金額:この指標は、アプリを通じて注文された各注文の平均値を測定します。

ツールが提供する指標のリストは、このカテゴリーのプロダクト(フードデリバリーアプリ)にとっては非常に典型的なものだと言える。あなたがフードデリバリーモバイルアプリを構築している場合、配達時間と配達成功率を測定すれば、アプリが成功したかどうかの判断を期待できるだろう。

9. 法律や規制を学ぶ

プロダクトを作る際には、政府の規制を遵守する必要がある。Bingは、プロダクトを市場にリリースする前に確認する必要がある主要な政策の概要を提供している。

アメリカにおけるフードデリバリーアプリに関する主な規制は何か?

Bing Chatが提案するフードデリバリーアプリに関する法律と規制

(※訳註12)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
アメリカのフードデリバリー業界は現在、規制変更の影響を被っています。アメリカ食品医薬品局(FDA)は、テイクアウト、ミールプレパレーションキット、生ものを含むフードデリバリーサービスに規制を課すことを検討しています。FDAはフードデリバリー業界を調査して、食品が宅配されたまま放置されたり風雨にさらされたりした場合に何が起こるか、また企業が改ざん防止包装を使用すべきかどうかを判断しようとしています。FDAが議論している規制には、温度調節された包装の義務付け、食品の追跡、出所の把握などが含まれます。

連邦政府の規制に加えて、いくつかの都市では、パンデミック関連の規制が施行されているあいだ、デリバリー手数料を15%に制限する条例を可決しています。 また、いくつかの都市では、レストランの実際のメニュー価格とアプリの手数料を記載することによって手数料の透明性を高めることをアプリに要求したり、レストラン従業員のためのチップをアプリが保持することを禁止したりしています。

規制は州や都市によって異なる可能性があることに注意が必要です。そのため、フードデリバリー事業者は、地域ごとの規制を常に把握し、遵守することが不可欠です。

10. AIビジョンを使ってビジュアルを分析する

Bingが本当にクールなのは、AIビジョンに対応していることだ。つまり、特定の画像を送信してBingに分析を依頼できる。

画像からデータを分析するために、BingのAIビジョンを使用する

例えば、以上のチャットでは人気のフードデリバリーアプリを比較した表を提出し、この表から無料配達を提供している会社のリストを出してくれるようBingに依頼した。

Bing Chatによる画像解析結果

(※訳註13)以上のBing Chatの回答は以下のように翻訳できる。
送って頂いた表は、さまざまな食料品店の配達と受け取りのオプションを比較したものです。表に記載されているのは以下の会社です。
  1. スライブマーケット(Thrive Market):49ドル以上の注文で送料無料
  2. グーグルエクスプレス(Google Express):25ドル以上の注文で送料無料
  3. アマゾンプライムナウ(Amazon Prime Now):35ドル以上のご注文で送料無料
  4. アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh):35ドル以上のご注文で送料無料
  5. インスタカート(Instacart)初回注文は送料無料。インスタカートはインスタカート+と呼ばれる会員制プログラムも提供しており、35ドル以上の注文で無制限に食料品を無料で配達し、サービス手数料も安くなり、そのほかに会員だけの特典もあります。
  6. ウォルマートグロサリー(Walmart Grocery):35ドル以上の注文で送料無料
  7. ターゲットグロサリー(Target Grocery):35ドル以上の注文で送料無料

このツールは以上に指示した情報を抽出できただけでなく、スライブマーケット(Thrive Market)に関する情報がソースへのリンクを持っているかどうかの検証も行ってくれた。

・・・

UXデザインを学びたい?

Uxcelを試してみよう。Uxcelは、プロのデザイナーのために特別に作られたインタラクティブなUXコースとスキルテストで、あなたがデザインスキルを学び、向上させる手助けをしてくれます。以上のリンクから参加すると、プロ年間サブスクリプションが25%割引になります。

この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。


原文
『Using Bing Chat for Product Design Tasks』

著者
ニック・バビッチ(Nick Babich)

翻訳
吉本幸記(フリーライター、JDLA Deep Learning for GENERAL 2019 #1取得)

編集
おざけん

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

“生成AIで創る音楽カルチャー”|フォークソングを歌うAI‐アルコールと美学はほどほどに

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」が5月22日より開催

あなたにおすすめの記事

“生成AIで創る音楽カルチャー”|フォークソングを歌うAI‐アルコールと美学はほどほどに

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」が5月22日より開催