HOME/ AINOW編集部 /“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート
2024.06.22

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

最終更新日:

J-WAVE(81.3FM)のプログラム「INNOVATION WORLD(毎週金曜 20:00-22:00)」。

“通りすがりの天才”こと、AR三兄弟・長男、川田十夢の好奇心をくすぐる気になる事象を毎回の研究テーマとして特集、解剖していくコーナー「BRAIN LABORATORY」。

6月21日(金)の放送では、川田が訪問したフランス、そしてロンドンでの体験をレポートした。川田が体験した最新テクノロジーの1つがロンドンでの「ABBA Voyage」。

「ABBA Voyage」は、10人編成の生バンドとABBAのアバターが共演する公演。全盛期のABBAのパフォーマンスを体験できるこの作品を観覧した川田は、「どのように記録して、どのように再生するか?」があらゆるエンターテインメントの宿命と語った。

実際、この「ABBA VOYAGE」では、「クオリティの高い3DCG」で再現されたABBAのメンバーが映し出され、ステージ上の「生バンド」と共演。スクリーンとの境界をなくす演出がさまざま施されていたことも発見したとのこと。

“現実”と“仮想”の境界線を崩す、細かい技術を積み重ねた公演について、川田は「構造は把握した」 とし、映像を制作したディレクターにも対面。

川田は「僕なりの解釈をしたABBA Voyageを作りたい」とも語り、最新テクノロジーとエンターテイメントが融合する新しい時代のコンテンツ生成に向けた意欲を語った。

番組内では、このほか「GLOBAL OPEN INNOVATION」に動画メディア「PIVOT」の竹下隆一郎氏を迎え、AIを駆使した多言語の映像コンテンツの可能性についても言及した。

【外部サイト:radiko】 

J-WAVE(81.3FM)「INNOVATION WORLD」-06月21日(金)OA- 

https://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20240621210052

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Generative AI Japan|産官学連携で世界に通用する競争力の獲得を目指す

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

あなたにおすすめの記事

Generative AI Japan|産官学連携で世界に通用する競争力の獲得を目指す

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー