HOME/ /エキスパートシステム
2017.08.17

エキスパートシステム

エキスパートシステム

「エキスパートシステム」は、知識表現に重きを置いて作られた、専門家の知識から得たルールを用いて特定の領域についての質問に答えるプログラムです。

エキスパートシステムの歴史は比較的古く、1960年代終わりに登場していました。

エキスパートシステムは、知識エンジンと推論エンジンで構成されています。知識エンジンでは、ある分野の専門的な知識を大量に用意したものを、「もし~なら、~である」といったようなルール化し記憶します。次に人間が投げかける問いに対して推論エンジンを使い解答を探すといった仕組みです。

しかし、問題点としては専門知識を集めるのに膨大な時間がかかるということ、専門知識も形式化が極めて難しいということが挙げられます。そのため、ごく狭い分野でのみでしか使われていません。

エキスパートシステムの考え方を適用した 人工知能 として、IBM Watson があります。IBM Watsonは自然言語を理解し、自ら情報を蓄えながら判断を下します。その点で、従来のエキスパートシステムとは違い人間が手間をかけることなく専門知識を取り込むことができます。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

LINEがAIブランドを「LINE CLOVA」に統一 -議事録生成ツールの構想も発表【LINE AI DAY】

まだ間に合う!「Deep Learning Digital Conference」 が明日開催!Google BrainのShane Gu氏も登壇

あらゆる機械の自動化に挑むDeepXが総額16 億円の資金調達 ー少数データ学習や説明可能性、現場での頑健性をさらに追求

僭越ながら、オンライン講座はあなたをデータサイエンティストにしないだろう

PFN、PyTorchユーザ向けに深層強化学習ライブラリ 「PFRL」を公開

「Neural Network Console クラウド版」で最大16台(64GPU)の利用が可能に

組織内の既存データとSNSなどの外部情報をもとに経営施策を提案する 『DATAFLUCT business-analytics.』 提供開始

感情分析AIでオペレーターのモチベーションを可視化、離職防止に ーEmpathとAmazon Connectが連携

2020年のAI研究は誰が先導しているか?国際機械学習会議(ICML 2020)の考察から

AIによる機械学習により網膜断面画像の3D化成功ー網膜の遠隔治療へ大きな一歩