HOME/ /カーネル法
2018.03.05

カーネル法

カーネル法とは、パターン認識で使われる分類方法のうちの一つで高次元の特徴空間にデータを埋め込むことで線形分類器では分類できないデータなどをうまく分類できるようにしたもの。

カーネル関数という関数を用いた計算方法で、カーネル関数は特徴空間における特徴量の計算を内積を用いて行う。このように非線形のデータ構造を線形構造に変換し、特徴量の計算量を小さくする手法をカーネルトリックと呼ぶ。

一般に様々なアルゴリズムとともに用いられるが、サポートベクターマシンなどがい一般的に知られる。

▶SVM(サポートベクターマシーン)とは|仕組み・メリット・勉強方法>>

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

“生成AIで創る音楽カルチャー”|レゲトン編

生成AIでつくる音楽ポップカルチャー|購買意欲のゴスペル!プロンプトのコツ解説も!

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」が5月22日より開催

あなたにおすすめの記事

“生成AIで創る音楽カルチャー”|レゲトン編

生成AIでつくる音楽ポップカルチャー|購買意欲のゴスペル!プロンプトのコツ解説も!

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」が5月22日より開催