HOME/ AINOW編集部 /ガチの文系が作る!人工知能専門の受託開発チーム
2016.11.11

ガチの文系が作る!人工知能専門の受託開発チーム

最終更新日:

キャプチャ

人工知能専門の受託開発チーム

AIのニュースが毎日のように報じられるようになって、AIの開発者はひっぱりだこ…スキル・経験を持った人工知能開発者をマッチングし、スムーズに要件定義に入ってくれる会社はないものか…

そんな悩みを解決するサービス「Team AI」を仕掛け人に教えてもらったので、みなさんにもシェアします!

非エンジニアがリーン開発で 人工知能ビジネスを立ち上げた話

「Team AI」は、株式会社ジェニオが運営する開発者マッチングサービスです。

10417652_10202966963008088_8055029770559922587_n

創業者の石井さんは京都大学総合人間学部卒業後、伊藤忠商事(株)に入社後、ソーシャルメディア CUUSOO.comやファッション通販 BUYMA.comなどを経て、シリコンバレー起業家育成組織 OneTractionに入学。

その後「Team AI」を創業。

と、聞くと「AI畑のエンジニアさんなのかな?」と思いますが「私はガチの文系です!」と仰る方。

米国アクセレレーターの教え「無駄ないリーン開発 コードを書くな!まずアイデアを売れ! システムを組むな!パワーポイントで営業しろ! ピボットするときも先にアイデアを売れ! 0円でランディングページを作りアイデアを試せ!」をそのまま実行…

ランディングページを作成 ドメイン:300円 (godaddy.com) コーディング:全くなし 0円 (Strikingly.com) Web広告:1日1000円 (Google AdWords)で創業しちゃいました。

そのへんの話はこちらで。(とっても面白いです!)

実際に「Team AI」に相談するとこんな便利

人工知能専門の受託開発チーム「Team AI」では、他の開発会社だと専門領域が決まっていて難しいなどの理由で断られてしまう案件でも、幅広くAIの開発案件をカバー可能だそうです。例えば、こんな人工知能の活用

  • 法務 x 人工知能
    契約書を解析し、必要な部分だけを教えてくれるサービスなど
    業務効率化の問い合わせも多いようです。
  • カスタマーサポート x 人工知能
    チャットボットが対応する事例で盛り上がっていますよね。
    他社と比較して、こんなボットが欲しいという相談から乗ってくれるそう。
  • 営業 x 人工知能
    ほとんどの会社で抱えている営業マン。
    さらなる効率化をAIで行いたいという企業が多いそうです。
  • 医療 x 人工知能
    ディープラーニングを用いた画像認識で病気を診断する事例も有名ですね。
    画像解析もおまかせくださいとのこと。
  • 投資 x 人工知能
    トランプショックも新しい、株式投資の予測もホットみたいです。

興味がある方はこちらから。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化