HOME/ AINOW編集部 /Chainerは数多くの企業に支えられている!Preferred Networks これまでの歴史
2018.03.06

Chainerは数多くの企業に支えられている!Preferred Networks これまでの歴史

最終更新日:

こんにちは。AINOWのなっぴです。

機械学習ライブラリは何を使っていますか?

ライブラリの中でも代表的なものが“Chainer”ですね。
Chainerはオープンソースの深層学習プラットフォームで、国内でAI業界を牽引するPreferred Networksが中心となって開発しています。

今回は、Preferred Networksのこれまでの歴史を追いました。

どのような企業がどんな形でPFNに関わっているのか。一目でわかるようにPFNの沿革を画像でまとめました。

Preferred Networks これまでの歴史

編集後記

PFNがChainerを作っている会社、ということしか知らなかった人も多いのではないでしょうか?

大会で優秀な成績を残していたり、DeNAと会社を設立していたりなど、意外なPFNの沿革がわかりました。

IT企業だけでなく、大手機械メーカーのファナックやトヨタ自動車など、様々な分野の企業が協業し、人工知能に注目しています。
今後は、より多くの分野で人工知能の活用が広がっていくのではないかと思います。

これからはAI開発企業だけでなく、実際に人工知能を導入した企業の動向を追いたいと思いました。

関連記事

[kanren postid=”115937,119064″]

 掲載企業様

※掲載許可を各企業様からいただいております。
協力してくださった企業のみなさま、ありがとうございました。

(順不同・敬称略)

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

エッジAI専用ブースが登場!「AI・人工知能EXPO」が10/28から開催

データサイエンスのキャリアにおいてあなたを不可欠な人材にする4つのスーパーパワー

あなたのポートフォリオを目立たせる8つの機械学習/AIプロジェクト

ELYZAが人間を超える国内最大の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を発表 ー事業パートナーも募集

少数データから本質を抽出するスパースモデリング

機械学習におけるデータの重要性とは?基礎から実用化まで徹底解説!

DXにおける「設計図」の重要性 -データ蓄積から始めた英会話イーオンのDX

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/14更新】

GAFAのスカウトを断るエンジニアも、国内AIスタートアップの戦い方

0円でAI開発ができる「AI Next Stage」を提供開始 ー結果を見てから導入検討可能【MatrixFlow】