HOME/ AINOW編集部 /PKSHA Technologyがファンドを設立「PKSHA SPARX Asia Algorithm Fund1号」
2018.11.14

PKSHA Technologyがファンドを設立「PKSHA SPARX Asia Algorithm Fund1号」

最終更新日:

株式会社PKSHA Technologyが知能化技術の普及と利用拡大の牽引を目的として、「PKSHA SPARX Asia Algorithm Fund1号」を設立することを発表しました。

PKSHAとスパークス・グループ株式会社がファンド運営に向けて両社が協業していくことについて合意

ファンドの概要

名称:PKSHA SPARX Asia Algorithm Fund 1号(仮称)
基本理念:未来のソフトウエアを形にするための要素技術/ソフトウエアを開発する企業群でポートフォリオを組む事により、未来のソフトウエアの社会実装を加速させる。
投資先:「知能化技術」「ロボティクス技術」を中長期の様々な産業の進化を牽引する中核技術と位置づけ、それらの関連分野を展開する企業、またはプロジェクトを対象に投資を行う。日本および国外(アジア・中国・インドなど)の知能化技術・知能化関連技術、周辺技術が対象。
募集期間:2019年1月1日~2019年9月29日
運用期間:ファンド組成日から 10 年間
内容:2018年12月を目途に新ファンドを立ち上げ、その後新ファンドの趣旨に賛同いただける投資家の方々から追加出資を募り、最終的に総額100億円規模のファンドを目指す。

関連記事

【株】AI関連銘柄 時価総額ランキング! パークシャテクノロジーを差し置いて一位だった企業は…

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来

「マスク着用声かけAI」が無償提供開始 ーブラウザで使え、PCとWebカメラのみで利用可能

データサイエンスを過度に民主化するな

月額500円から使える「AI人数カウントサービス」が登場 ー小売、飲食店の「密」の可視化が可能に

リアルタイムモザイクAIが登場 ーライブ配信での撮影ハードルが低減

AI活用で全身24箇所が採寸できる「Bodygram」が提供開始