シナモンが約15億円の資金調達実施を発表 / サントリー 新浪剛史氏がアドバイザーに就任し、海外事業をさらに展開

最終更新日:

おざけんです。

国内を代表するAI(人工知能)スタートアップ、株式会社シナモンがSBIインベストメント株式会社の運用するファンド、およびスパークス・グループ株式会社の運用する未来創生ファンドなどを主要インベスターとする第三者割当増資及び株式会社三井住友銀行からの融資により総額約15億円の資金調達を完了したと発表しました。

また、サントリーホールディングス 代表取締役社長 新浪剛史氏がアドバイザーに就任し、経営体制の強化ならびに海外事業の展開をさらに推し進めていくことも発表しました。

シリーズB 約15億円の資金調達を実施

シナモンは、AIを活用したOCR(文書の読み取り)技術を有しており、エンジン「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」を提供しています。他にもAIプロダクトの開発やコンサルティングも行い、独自開発で事業展開してきました。

さらに、 直近では、 特化型音声認識技術「Rossa Voice(ロッサ・ボイス)」の開発にプレローンチを行い、 実証実験を開始しています。

今後は、ホワイトカラーの生産性を抜本的に改善する社会の実現へ向けて、 この資金調達により以下の点を中心に強化していくとしています。

  • 高度な人材(特に海外における専門性の高いAI人材)の登用
  • 強固な株主体制を構築することで、 シナモンの社会的な信用力の向上及びネットワークの強化を実現し、 成長を加速
  • AIプロダクトの基盤技術・ユーザーインターフェースの強化
  • より高度な技術ときめ細かいサービスを提供するための組織体制強化(日本、 ベトナム、 及び台湾)
  • 海外市場への展開促進(米国)
  • 人工知能プロダクトの新領域開発(音声認識など)へのR&D投資

シナモン公式コメント

今後シナモンは、 「ホワイトカラーの生産性向上」をテーマに、 AIプラットフォームとしてのさらなる基盤を築き、 業務改善を推進する様々なプロダクトの開発に取り組みます。 また、 パートナー企業との協業を推進し、 顧客ごとのリクエストに応じて精度を向上させるパッケージを拡販していきます。 また、 日本国内市場だけに留まらず、 海外展開も継続的に推進してまいります。

アドバイザーに新浪剛史氏が就任

資金調達の発表に加え、経営体制の強化、海外事業の展開の推進のために、サントリーホールディングス代表取締役社長の新浪剛史氏がアドバイザーに就任したことも発表しました。

シナモンが現在提供しているAIを活用した業務生産性向上や働き方改革の促進、 またグローバル展開に向けて、 新浪氏の豊富な知見と経験から導き出されるアドバイスを受けながら、さらなるビジネス展開を行っていくとしています。

新浪剛史氏からのコメント

AI産業は社会を大きく変革していますが、 進歩した技術を真に社会のために役立てるのは「人間力」です。 人間がAIを活用し、 よりクリエイティブな仕事、 より活力ある生活を実現していかなければなりません。 こうした世界の実現を掲げるシナモンのビジョンに共感し、 このたびアドバイザーをお引き受けさせていただくことといたしました。

 

新浪剛史氏

サントリーホールディングス代表取締役社長。 1959年、 神奈川県生まれ。 91年、 ハーバードMBA取得。 81年に三菱商事入社。 2002年、 ローソン代表取締役社長に就任。 14年10月より現職。 経済同友会副代表幹事を歴任。 新経済連盟幹事。 日本経済団体連合会 審議員会副議長。 14年9月より、 経済財政諮問会議民間議員。 世界経済フォーラム International Business Councilメンバー。 外交問題評議会Global Board of Advisorsメンバー。

資金調達先一覧

  • FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合(無限責任組合員:SBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区六本木1-6-1、 代表取締役:川島克哉))
  • SBIベンチャー投資促進税制投資事業有限責任組合(無限責任組合員:SBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区六本木1-6-1、 代表取締役:川島克哉))
  • FFGベンチャー投資事業有限責任組合第1号(無限責任組合員:株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ(本社:福岡県福岡市中央区大手門1-8-3、 代表取締役:福田知))
  • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区霞が関3-2-5、 代表取締役社長:菊地哲)
  • Sony Innovation Fund
  • TIS株式会社(本店:東京都新宿区西新宿8-17-1、 代表取締役社長:桑野徹)
  • 未来創生2号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:スパークス・グループ株式会社(本社:東京都港区港南1-2-70、 代表取締役社長:阿部修平))
  • 野村ホールディングス株式会社(本店:東京都中央区日本橋1-9-1、 代表執行役社長グループCEO:永井浩二)のコーポレート・ベンチャーキャピタルファンド(名称:野村インキュベーション投資事業有限責任組合)
  • 住友商事株式会社(本社:東京都千代田区大手町2-3-2、 代表取締役社長執行役員 CEO:兵頭誠之)
  • 次世代企業成長支援1号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区八重洲1-3-4、 代表取締役社長:石橋達史))
  • 株式会社三井住友銀行(本店:東京都千代田区丸の内1-1-2、 頭取CEO:高島誠)
  • 千本倖生 (株式会社レノバ 代表取締役会長)
  • 石黒不二代 (ネットイヤーグループ株式会社 代表取締役社長兼CEO)

 

2019年1月28日 2019年7月10日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する