HOME/ AINOW編集部 /歩行者通行量調査はAIに代替できるか!? AIUEOが実証実験
2019.04.05

歩行者通行量調査はAIに代替できるか!? AIUEOが実証実験

最終更新日:

株式会社AIUEOが2018年10月から2019年3月にわたって、新潟件長岡市と共同で、ディープラーニングを用いた歩行者通行量調査の実証実験を行ったと発表しました。

AI(ディープラーニング)を用いた歩行者通行量調査

みなさんも路上でカウンターを持った人が通行する車や歩行者の数を計測している姿を見たことがありますよね?近年、街の発展や活性化の指標として重要な歩行者通行量調査を行う人材が不足している問題が指摘されています。

長時間同じ場所で人数をカウントし続ける歩行者通行量調査は、苦労が伴う労働で、人件費の増大のコストも抱えています。

AIUEOは、拠点を置く長岡市でこの問題に対処すべく、歩行者通行量調査にディープラーニングを活用し、実証実験を行いました。その結果、人間による計測と同程度の計測結果が得られたことを確認しました。

この結果に関して、長岡市長の磯田達伸氏のコメント

様々な事由により、従来の人の眼による歩行者通行量調査が難しくなってきています。一方、効果的な施策の展開を図る上で、歩行者通行量は大変重要な指標となっております。このたびご提案いただいたAIを活用した新たな調査手法は、こうした課題に対しての解決策のひとつとして、新しい道筋を示していただけたものと考えております。
今後は、時代の要請に応え世界が注目する新しい価値を先取りして創造する、『長岡版イノベーション』を代表する取組みのひとつとして、全国に広がるよう期待しております。

今後、AIUEOはこの技術を2019年度内に実用化し、さまざまな地方都市に展開していきたいとしています。

 

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

LINEがAIブランドを「LINE CLOVA」に統一 -議事録生成ツールの構想も発表【LINE AI DAY】

まだ間に合う!「Deep Learning Digital Conference」 が明日開催!Google BrainのShane Gu氏も登壇

あらゆる機械の自動化に挑むDeepXが総額16 億円の資金調達 ー少数データ学習や説明可能性、現場での頑健性をさらに追求

僭越ながら、オンライン講座はあなたをデータサイエンティストにしないだろう

PFN、PyTorchユーザ向けに深層強化学習ライブラリ 「PFRL」を公開

「Neural Network Console クラウド版」で最大16台(64GPU)の利用が可能に

組織内の既存データとSNSなどの外部情報をもとに経営施策を提案する 『DATAFLUCT business-analytics.』 提供開始

感情分析AIでオペレーターのモチベーションを可視化、離職防止に ーEmpathとAmazon Connectが連携

2020年のAI研究は誰が先導しているか?国際機械学習会議(ICML 2020)の考察から

AIによる機械学習により網膜断面画像の3D化成功ー網膜の遠隔治療へ大きな一歩