HOME/ AINOW編集部 /株式会社scoutyがLAPRAS株式会社へ社名変更と個人プロフィールページ公開へ
2019.04.10

株式会社scoutyがLAPRAS株式会社へ社名変更と個人プロフィールページ公開へ

最終更新日:

日本初の登録不要のAIヘッドハンティングサービス「scouty(スカウティ)」を展開する、株式会社scoutyが、LAPRAS株式会社への社名変更と、個人プロフィールページの本人公開を実施することを発表しました。

株式会社scoutyからLAPRAS株式会社へ

2019年4月10日から、社名を「LAPRAS株式会社」に、そしてサービス名を「LAPLAS SCOUT」に変更しました。これに伴い、従来の採用サービス重視したサービスから、新たな領域への進出を目指します。

社名にある、“LAPLAS”は物理学分野の概念である「ラプラスの魔物(Laplace’s demon)」が由来。この「ラプラスの魔物(Laplace’s demon)」の概念を元に、LAPLASでは世の中にある偶然のいい出会い、巡り合わせをAI技術を活用して必然へと導き、世の中に存在するミスマッチを無くしていくことを目標としています。

個人プロフィールページの本人公開へ

LAPLAS SCOUT」では、ヘッドハンティング候補者に対して、クライアント企業から見た自分の情報公開を開始しました。これによって、企業と候補者間の情報の非対称性を解消と、Web上での個人市場価値の可視化を目指します。

以前は、候補者のプロフィールページがクライアント企業のみに公開されていたため、候補者側からは企業からどのように見られているのかがわかりませんでした。これからは、候補者が各種SNSなどの認証を通して自分の情報を確認したり、自身の他のSNSアカウントとの連携したりすることが可能になります。将来的には、Web上のオープンデータと候補者によって入力されたクローズドデータを融合させ、より高精度なマッチングを実現していきます。

 

プロフィールページ イメージ

自身のページは、こちらから本人認証の後に確認ができます。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来

「マスク着用声かけAI」が無償提供開始 ーブラウザで使え、PCとWebカメラのみで利用可能

データサイエンスを過度に民主化するな

月額500円から使える「AI人数カウントサービス」が登場 ー小売、飲食店の「密」の可視化が可能に