HOME/ AINOW編集部 /武蔵野大学とインテージグループが産学連携を発表 | 企業の保有データをデータサイエンティスト育成に活用!
2019.04.11

武蔵野大学とインテージグループが産学連携を発表 | 企業の保有データをデータサイエンティスト育成に活用!

最終更新日:

武蔵野大学と株式会社インテージホールディングスがと「産学連携に関する包括協定書」を4月1日に締結したと発表しました。

武蔵野大学は4月からデータサイエンス学部を開設し、 ビッグデータとAI技術によりイノベーションを起こすビジネス力を持った人材の育成を目指しています。

「機械学習の可能性にかける!」武蔵野大学データサイエンス学部が目指すビジネス創出

この提携によりインテージグループが保有する多種多様なデータや活用の知見を武蔵野大学に提供し、 学生が実践的なデータ分析やビジネスに触れる機会をつくり、 データサイエンティストの育成に取り組みます。 加えて、 双方が持つ人的・物的資源を活用した共同研究など、 産学連携で新しいソリューションを構築することも検討しています。

インテージグループとデータサイエンス学部を持つ同大学との連携は、 公立大学横浜市立大学、 国立大学法人滋賀大学に続き三校目。今後も、 データサイエンス分野や学生教育への貢献にとどまらず、 データの利活用におけるイニシアティブを取るために産官学連携を積極的に進め、 先端技術の研究・応用による新しい事業の創出を目指していくとしています。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

沖縄美ら海水族館でAI図鑑アプリが無料利用可能に ー魚類の名前をAIが認識

【掲載数39】 「AI人材育成サービス カオスマップ 2020」が公開!

エアークローゼットが2000万以上のデータ分析から得たノウハウを特設ページで公開 −ファッション業界でのデータ活用推進に貢献

Withコロナ時代の小売店舗に特化したAIソリューション「Secure Xtect for Retail」が提供開始

マイクロソフト認定試験「AI-100」対策講座が日本初開講

全社員のDXリテラシーを向上、キカガクがオンライン動画学習サービスをリリース

機械学習の手法13選 ー 初級者、中級者別に解説!

【AINOWロゴがリニューアル】生成数は2000以上! AIでロゴ生成した裏側を全公開

野球もデータドリブンの時代に ー野球特化の姿勢推定AI「Deep Nine」がリリース 【プロ球団で試験導入】

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/06/01更新】