HOME/ AINOW編集部 /DeNA、セコム、ドコモなど4社がAIを活用した「バーチャル警備システム」を開発!2020年に発売予定
2019.04.25

DeNA、セコム、ドコモなど4社がAIを活用した「バーチャル警備システム」を開発!2020年に発売予定

最終更新日:

セコム株式会社、AGC株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー(以下「DeNA」)、株式会社NTTドコモが世界初となるAIを活用した警戒監視などの警備や受付業務が提供可能な「バーチャル警備システム」の試作機を開発したと発表しました。2020年の発売を目指します。

「バーチャル警備システム」は、常駐警備員が提供してきた業務のうち、警戒監視、受付などを、現実空間を映しこむミラーディスプレイ上に3Dモデルとして表示した「バーチャル警備員」が提供し、対処、緊急対応など熟練した常駐警備員ならではの能力と組み合わせて、新たな警備のあり方を実現するものです。

最新のテクノロジーの力で人の力を増幅することで、常駐警備員配置の効率化、有人施設における受付を含む警備強化をコストを抑えながら実現し、より多くのお客様のニーズに応えられるといいます。

「バーチャル警備システム」は、日本初の警備会社としてセコムがこれまで培ってきたセキュリティのノウハウに、AGC、DeNA、NTTドコモ各社の最新技術を掛け合わせて実現したオープンイノベーションの成果で、4社は以下のような役割分担を行いました。

4社は「バーチャル警備システム」の2020年の実用化に向け、今後も連携を強化し「安全・安心・快適・便利」な社会の実現に向けて取り組んでいくとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

LINEがAIブランドを「LINE CLOVA」に統一 -議事録生成ツールの構想も発表【LINE AI DAY】

まだ間に合う!「Deep Learning Digital Conference」 が明日開催!Google BrainのShane Gu氏も登壇

あらゆる機械の自動化に挑むDeepXが総額16 億円の資金調達 ー少数データ学習や説明可能性、現場での頑健性をさらに追求

僭越ながら、オンライン講座はあなたをデータサイエンティストにしないだろう

PFN、PyTorchユーザ向けに深層強化学習ライブラリ 「PFRL」を公開

「Neural Network Console クラウド版」で最大16台(64GPU)の利用が可能に

組織内の既存データとSNSなどの外部情報をもとに経営施策を提案する 『DATAFLUCT business-analytics.』 提供開始

感情分析AIでオペレーターのモチベーションを可視化、離職防止に ーEmpathとAmazon Connectが連携

2020年のAI研究は誰が先導しているか?国際機械学習会議(ICML 2020)の考察から

AIによる機械学習により網膜断面画像の3D化成功ー網膜の遠隔治療へ大きな一歩