HOME/ AINOW編集部 /データグリッドが「実在しない」人物の全身画像生成AIを開発
2019.04.26

データグリッドが「実在しない」人物の全身画像生成AIを開発

最終更新日:

株式会社データグリッドはGAN(敵対的生成ネットワーク)を用いて、実在しない人物の全身画像を自動生成するAI「全身モデル自動生成AI」を開発したと発表しました。

GAN(Generative Adversarial Network、敵対生成ネットワーク)は、イアン・グッドフェローらが提案した教師なし機械学習手法です。生成ネットワークと識別ネットワークの2つからなり、それぞれのネットワークが「識別ネットワークを欺く」、「正確に識別する」ことを目的に学習するモデルです。主に画像生成に応用されています。GANの手法として、ある画像を何かしらの加工を施した画像へと変換し出力する「pix2pix」などがあります。

開発の背景・目的

データグリッドはコンテンツを自動生成など、クリエイティブなAIの研究開発を行っており、2018年6月にはGANを用いた「アイドル自動生成AI」を開発しています。

アイドル自動生成AIでは顔領域のみの画像生成となっており、十分な表現力がありませんでした。そこで、生成された人物の表現力を高めるために、「全身生成」及び「動作生成」の2つの研究開発に取り組んで参りました。高精度の全身生成モデルは先行事例がなく、チャレンジングな研究開発でしたが、この度、高解像度(1024×1024)の全身モデル画像を安定して生成することに成功しました

全身モデル自動生成AIの概要

全身モデル自動生成AIは、大量の全身モデル画像を学習させることにより、実在しない全身モデル画像を高解像度・高品質で生成することが可能です。全身モデル自動生成AIは、広告やアパレルECのバーチャルモデルとしての利用を想定しています。

今後は全身モデル自動生成AIの更なる精度向上及び動作生成AIの研究開発を行います。また、広告・アパレル関連企業との実証実験を行い、実運用に必要な機能の開発を行います。

 株式会社データグリッド 会社概要

会社名:株式会社データグリッド
代表:代表取締役社長 岡田侑貴
所在地:〒606-8501 京都市左京区吉田本町36-1 京都大学国際科学イノベーション西館1階
設立: 2017年7月5日
URL:https://datagrid.co.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

国内のカスタマーサポートのデジタル化を推進するSDIが『Support DX Summit 2021』の初開催|新たなサポート体験を提供する事例がわかるオンラインイベント

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/09/20更新】

DXとIT化の違いに関する解説記事のアイキャッチ画像

DX化とIT化の違いとは?それぞれのメリットや推進のポイントまで解説!

CNN(畳み込みネットワーク)とは?図や事例を用いながら分かりやすく解説!

DXスキル解説記事のアイキャッチ画像

DXに必要な4つのスキル| DX人材の採用方法や書籍を紹介!

AIがライターの脅威となる5つの理由

dx リテラシー

DXリテラシーとは?|ITリテラシーとの違い、必要性・教育方法を紹介

フレーム問題とは?AIにおける重要な課題について

dx 行政

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!

あなたにおすすめの記事

国内のカスタマーサポートのデジタル化を推進するSDIが『Support DX Summit 2021』の初開催|新たなサポート体験を提供する事例がわかるオンラインイベント

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/09/20更新】

DXとIT化の違いに関する解説記事のアイキャッチ画像

DX化とIT化の違いとは?それぞれのメリットや推進のポイントまで解説!

CNN(畳み込みネットワーク)とは?図や事例を用いながら分かりやすく解説!

DXスキル解説記事のアイキャッチ画像

DXに必要な4つのスキル| DX人材の採用方法や書籍を紹介!

AIがライターの脅威となる5つの理由

dx リテラシー

DXリテラシーとは?|ITリテラシーとの違い、必要性・教育方法を紹介

フレーム問題とは?AIにおける重要な課題について

dx 行政

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!