HOME/ AINOW編集部 /インフルエンザ診断AIのアイリス 塩野義製薬などから12.5億円の資金調達
2019.05.07

インフルエンザ診断AIのアイリス 塩野義製薬などから12.5億円の資金調達

最終更新日:

AI医療機器ベンチャーのアイリス株式会社が12.5億円の第三者割当増資を行ったと発表しました。塩野義製薬、Beyond Next Ventures2号投資事業有限責任組合が引受先です。

アイリスは2017年11月に設立され、 「匠の技を医療現場に届ける」をミッションに、 人工知能技術を用いたインフルエンザ診断支援AI医療機器を開発しています。 臨床研究法に則った臨床試験を既に実施し、 今後は治験や薬事承認に向けて、開発をより強化する予定です。今回の調達資本をもとに、 開発中のインフルエンザ診断支援AI医療機器の薬事承認、 保険償還をより早期に目指すとしています。

アイリス株式会社は2017年11月に創業したAI医療機器ベンチャーで、 AI技術を用いた高精度・早期診断可能なインフルエンザ診断支援AI医療機器の開発を行っています。2018年の国内インフルエンザ患者数は2000万人を越え、 過去10年で最大の流行となりました。アイリスはインフルエンザ患者の99%に特徴的にみられるインフルエンザ濾胞(ろほう)の観察をすることでインフルエンザを判定するインフルエンザ濾胞を他の濾胞と区別できる「匠の医師の目」をAIで再現することを目指しています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

いかにして私は機械学習を再び学び始めたか(3年後)【前編】

LINEが日本語特化の超巨大言語モデルの開発を発表、100億ページ以上の日本語データを学習

注目すべきDXの市場規模は?成長の早い業界や世界各国との比較も!

ビジネス上の目的を選択し、指定されたデータを用意するだけでモデルを作成する「datagusto」β版がリリース

囲碁AIがプロ囲碁の世界に与えた影響

機械学習入門者が学ぶべきこと、学習方法を超具体的に解説します

AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催

PKSHAと東京海上HDが合弁会社を設立。データをもとにソリューションを創出。

LINEバイト、AIが全案件の電話応募に対応、将来的にはAIが面接する可能性も示唆

DX人材とは ー6つの業種、4つのスキル、3つのマインドセット

あなたにおすすめの記事

いかにして私は機械学習を再び学び始めたか(3年後)【前編】

LINEが日本語特化の超巨大言語モデルの開発を発表、100億ページ以上の日本語データを学習

注目すべきDXの市場規模は?成長の早い業界や世界各国との比較も!

ビジネス上の目的を選択し、指定されたデータを用意するだけでモデルを作成する「datagusto」β版がリリース

囲碁AIがプロ囲碁の世界に与えた影響

機械学習入門者が学ぶべきこと、学習方法を超具体的に解説します

AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催

PKSHAと東京海上HDが合弁会社を設立。データをもとにソリューションを創出。

LINEバイト、AIが全案件の電話応募に対応、将来的にはAIが面接する可能性も示唆

DX人材とは ー6つの業種、4つのスキル、3つのマインドセット