HOME/ AINOW編集部 /データの前処理時間も効率化!プログラミング不要の分析ツール「nehan」が提供開始
2019.05.14

データの前処理時間も効率化!プログラミング不要の分析ツール「nehan」が提供開始

最終更新日:

株式会社nehanが、 分析業務を効率化し、データ活用によるビジネス改善を加速させるサービス「nehan(ネハン)」の提供を2019年5月14日から開始したと発表しました。

現在、 データ活用現場では「Python」や「R」などのプログラミング言語の活用が主流です。また、 昨今のAI活用の波を受け、 簡単にAIが開発できるツールが数多くリリースされています。

一方で、現場では データを分析できる形に整える「前処理」の工程に多くの時間が割かれています

nehanは、 その時間を短縮し、 分析者がビジネス改善に貢献するスピードを改善できるといいます。

nehanの搭載機能

nehanは、 データ分析実務経験があるメンバーで開発。 煩雑な作業を簡単に実現でき、 かつ分析業務が1サービス内で完結するように、 設計・開発が行われました。

nehanの分析画面

前処理・機械学習の実施例

ビジュアライズ機能

ダッシュボード機能

nehanを活用することで、株式会社nehanが受託している分析業務の大幅な効率化に成功していて、 また、 2018年秋以降、 計4社がトライアル版を利用しているといいます。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面